黒ビール特集

黒ビールってなに?なぜ黒いの?黒ビールの基準をご紹介

投稿日:2019年6月21日 更新日:

黒ビールはなぜ黒い?
よくよく考えてみると、黒ビールってどうして黒いの?何故あそこまで真っ黒に?普通の黄金色のビールとどう違うのだろうか。教えて下さい。

確かに、言われてみれば「なぜ黒い?」と聞かれると、答えに詰まります。

特に、ピルスナータイプの黄金色のビールに馴染んでいると、黒っぽいビールに対して単純に疑問が湧いてきます。

さて、こちらでは下記ポイントを踏まえて、黒ビールの『黒』に関して解説していきたいと思います。

・黒ビールの黒ってなに?
・黒ビールの定義は?

黒ビールとはどんなビール?

黒ビール」ってなに?黒ビールの基準は?・・・。
そんな疑問がネット上でもよく見受けられます。

しかし、結局のところ「黒」って何なのでしょう?

それは、ビールに無くてはならない『麦芽』に理由があるようです。

先ずは、黒ビールの「黒くなる原因」を知ろう!

黒ビールの黒は麦芽が理由

ビールの味や香りを決める重要な原料。
それが『麦芽(モルト)』です!

そして、その麦芽。
麦を発芽させてそのまま使っても、ビール特有の香りや味は造れません。

そこで必要となってくるのが、『焙燥(ばいそう)』という作業です。

麦芽に関しては、下記で詳しくご紹介していますので、こちらでは割愛させて頂きます。
関連記事:なぜ麦芽でビールを造るのか【準備中】

ところで、この焙燥。
コーヒー豆の様に直火で熱して行う「焙煎」とは違い、あくまでも熱風で乾燥させる作業を言います

その為、麦芽の焙燥温度や時間によって色合いを変える事が可能となるのです

そう、この工程によりビールの色が決まるのです!

そして「黒ビール」とは、まさにコーヒー豆の様に黒く焙燥させた麦芽を使って醸造されたビールを指します。

そんな色を作り出す麦芽を『スペシャリティーモルト』と言います!

黒ビールとは

ケストリッツァー シュヴァルツビア


黒ビールの「色」の理由は解りました。

では、「黒ビール」と言われるビールの基準って何なのでしょう?

よく基本とされるのが、『シュバルツ/Schwarzwald』というビール。

これは、ドイツ語でまさしく「黒」を指しますが、ラガー(下面発酵)ビールのシュバルツを「黒ビール」とする場合が主流のようです

厳密には『シュバルツビア』と言われ、ビターチョコレート風味の色の濃いラガービールを指します。

もう一つよく挙げられるのが、『スタウト』です。
こちらは、エール(上面発酵)酵母を用いたイギリスの「ポーター」の伝統を受け継いだビールですが、黒ビールと言うよりは『スタウト』そのものと定義する方が正解の様です。

では、どうして我々日本人は、黒っぽいビールを見ると全て「黒ビール」と一色淡に表現してしまうのでしょうか。

そこには、どうも酒税法が絡んでいるようです・・・。

黒ビールの定義とは

黒ビールの定義とは
Image by David Greenwood-Haigh from Pixabay

日本での黒ビールの定義は、非常に曖昧だと言いました。

その理由に関しては、色々あると思います。
その一つが、酒税法によって禁じられていたマイクロブルワリー(地ビール製造)の現状。

1995年にようやく解禁された訳ですが、それまでは大手ビール会社が造る淡色のラガービールが、まさしく「ザ・ビール」だった訳です。

そして、色の黒っぽいビールは「ひっくるめて」黒ビールと定義してしまったのかも知れません。

更に、もう一つの理由が『解釈』です。

日本における黒ビールの定義は曖昧

【ビールに関する公正競争規約】
(3)黒ビール及びブラックビール
濃色の麦芽を原料の一部に用いた色の濃いビールでなければ、黒ビール又はブラックビールと表示してはならない。

要は、ラガー(下面発酵)かエール(上面醗酵)かの線引きが成されていません。

となると、日本ではポーターだろうがスタウトだろうがダーク系のラガービールであろうが、黒っぽければ全て『黒ビール』となってしまうのです!

それに、「濃色の麦芽」ってどんな麦芽なのか・・・。
その基準すら定義されていません。

シュヴァルツビアの定義は?

ラガービールの特徴

では、そのシュヴァルツビア。
厳密にはどういったビールを指すのでしょうか?

その前に、世界中のビールの分類を正確に行うとすれば、それはほぼ無理ではないか?と仰る方も居られます。

この世の中には、何百何千というクラフトビールが存在するからです。

また、時代の流れによって消えていくビールも数多くあるので・・・。

ただ、大まかに分けると、全てのビールが各分野に分類可能のようです(あくまでも個人「団体」の裁量によるモノですが・・・)。

その為、国内外の団体がそれぞれ独自の解釈でビールに関するガイドラインを設けており、定期的に改訂も行っています。

『黒ビール.com』では、詳細に関しては割愛させて頂きます。
理由は、ガイドラインを設けている団体数に合わせて、解釈も同じ数が存在するからです。

という事で、肝心な「色」に関してだけご紹介!

シュヴァルツビアの外観に関しては、「真っ黒」と言うわけでなくダーク、もしくわダークブラウンから濃いダーク色の範囲を指し、色合いは透き通る様な黒さが特徴との事。

数値で表すと『SRM:25~30』の間。
こちらの数値に関しては「約」が付きます。

ここであと一つだけ!それは「香り」に関して。

シュヴァルツビアの特徴として、フレーバーの中にはフルーツ由来のエステルの香りと、ダイアセチルの香りは感じられてはならない!と言うのが条件となっています

因みにダイアセチルは、乳酸発酵により作られた乳製品などに感じられる不可欠な香りで、アルコール類の製品ではタブーとされる香り(異臭)とされています。

黒ビールに関しては色んな解釈があり、ここで記載している事は、あくまでも一つの解釈です。という事で、黒ビール.comではラガータイプでスペシャリティーモルトが使われている黒っぽいビールを『黒ビール』と定義いたします。ただ、芳ばしい香りとコクのある濃色ビールを一つでも多くご紹介したいと思い、色の濃いビールをエール・ラガー関係なくご紹介しております。本来の黒ビールの概念とは少し違ってくるのでしょうが、このサイトをご利用される方には、濃い色のビールの良さを是非堪能して頂きたく、『黒ビール=濃色ビール』としてご紹介しております。ご了承下さい。

『黒ビールってなに?なぜ黒いの?黒ビールの基準をご紹介』は以上となります。

-黒ビール特集
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

オクトーバーフェスト 2019年本場ドイツの開催日は?

オクトーバーフェスト 2019年本場ドイツの開催日は?

ドイツのビール祭りっていつ頃開催されるの?どんなビールが飲めるの?なぜ「オクトーバーフェスト」って言うの?教えて下さい。 世界最大のビール祭りと呼ばれる『オクトーバーフェスト』! 世界中からビール好き …