ビールを飲んだ感想・評価・口コミ

初めて飲む黒ビールにオススメ♪

アサヒ スーパードライ ドライブラック:ビールレポート


--2012/06/19 記載--

年間販売本数1億本を売り上げる、まさに化け物みたいな国産ビール「スーパードライ」。
その『黒』が発売されたとあって、リカーショップで早速購入!

見慣れたフェイスにチョッと違和感を感じさせる黒光りしたベースカラー。
そして、白ではなく淡い金色にカラーリングされたロゴ。

ん~ん、やはりアサヒだなぁ。デザインセンスを感じさせる!


アサヒ スーパードライ ドライブラック

さて、早速ファーストコンタクト!
んー。グラスに注ぎ込んだ瞬間のこの泡ぁ。
まさにドライの泡。可も無く不可もなく、と言った感じか。

若干キメが荒くモクモク感は、まさに通常のラガータイプ(下面発酵)の泡・・・。

そして、色。そう!肝心の色合いだぁ。

ほぉ~、ラガーの黒だぁ。スタウトのような漆黒の黒ではない。
ただ、個人的にはこのダーク系の深みのある色合いは「あり!」だ。


アサヒ スーパードライ ドライブラック

おぉ~、そう!この喉越し。
いつものドライだぁ。ピリッと喉に感じながら違和感無くスッと入っていく、まさにドライだぁ。

ん~ん、こうなるとドイツ系の黒ビール(シュヴァルツ)と比べてしまう。

やはり、香ばしい薫り。そして仄かに感じられる苦味。少し物足らないかぁ・・・。仕方ない。缶ビールなのだから。

しかし、日本人がイメージする「ビール」だと考えると、非常に優等生な黒ビールだぁ。

「黒」デビューの皆さん。一度お試しを!


これは、アサヒ スーパードライ ドライブラックなのか?

--2017/11/29 追記--
近所のイオンで買い物をしていると、このビールが目に飛び込んできた。
アサヒ・ドライブラック-ビアホール仕立ての黒-』!!

確か随分前にスーパードライのブラックは飲んだはず。それとはまた別モノなのか?
ん~ん、気になる!いや、確かめるべきだぁ!

もし別物なら、アサヒはスーパードライで再度勝負に出てきた事になる!
チェックである。

アサヒ スーパードライ ドライブラック -ビアホール仕立ての黒-

しかし、「ビアホール仕立ての黒」とは一体何ぞやぁ?
確かに聞こえは良いが、よく解らん。どんな「黒」なのだろうか・・・。

その前に、コイツの正体は何なのかをネットで検索してみたところ。
うぅぅ、「アサヒ スーパードライ ドライブラック」のリニューアル版ではないかぁ!

やはり、名前とラベルデザインを変えただけかぁ!!
失敗した。まんまと術中にはまってしまった。これでは良い鴨ではないかぁ。

使用原料も変わったところはなさそうだぁ。
唯一強調しているのが、ロースト麦芽とキャラメル麦芽を増量した点のようだが。


アサヒ スーパードライ ドライブラック -ビアホール仕立ての黒-

ん~ん、『黒』を強調したようだが、このレベルになると見分けがつかん。
真っ黒だぁ。

然程初代と変わり映えはしないのだが・・・。

ほぉー、泡はチョッと違うぞぉ。まったり系のクリーミーな泡立ちだ。
スタウトを意識しているのか?
うぅ~、しかし勢いが続かん!見る見る萎んでいくぅ。

えぇ!?
香りが余りせんぞぉ!『麦芽』を強調している割には、非常に大人しい。
なぁ、何か嫌な予感がする・・・。

では、早速ファーストコンタクトを!
ん?なぁ、何だぁこれは!腑抜けではないかぁ!!

どこに行ってしまったんだぁ。あのピリッと来る喉越しは・・・。
味わいも若干薄く感じる。

おぉぉ、しかも後味は後腐れのないフェイドアウト系ではないかぁ。

これはもしかして、本当にスタウトを意識したのか?
では、『シュヴァルツ(ラガーの黒)』は何処へ行ってしまったのだぁ!

ん!?もしかして、エール(上面発酵)なのかぁ?
そうなると話は変わってくるぞぉ。

確かに、冷やし過ぎた感は否めないが、それにしてもエール独特のフレーバーな香りや、甘さが感じられる深みのある味わいも余り感じられん。

公式ホームページでも、『氷点下のスーパードライブラック』なども紹介されているではないかぁ!

ん~ん、解らん。本当にラガー(下面発酵)なのだろうか?
『ドライ』の名を使っているのだから、ラガーなのだろう・・・。

しかし、解せん!謎が謎を呼ぶばかりだぁ。

ふぅぅ、余りビールを貶すのは好きではないが、これではまるで『改悪』である。
残念!閉店ガラガラ・・・。


ビール.com 国別ビール口コミ・レビュー・評価

ベルギービール:口コミ・レビュー・評価 ドイツビール:口コミ・レビュー・評価 アメリカビール:口コミ・レビュー・評価 イギリスビール:口コミ・レビュー・評価 輸入ビール:口コミ・レビュー・評価 日本の地ビール:口コミ・レビュー・評価 国産ビール:口コミ・レビュー・評価

黒ビール.com コンテンツ一覧

黒ビールはどこがルーツ
ビールの歴史はどこから始まったのか
そんな疑問にお答えします

ラガービールの誕生
ラガービールが生まれたのは、15世紀ドイツのミュンヘン(バイエルン地方)でその産声を上げました

日本人とビールとの出会い
日本人とビールとの出会い。日本のビールの歴史はいったい何処から始まったのか

ビール純粋令
1516年、ドイツのバイエルン(当時バイエルン公国)、ヴィルヘルム4世(在位1508年~1550年)によって制定

ビールの基本は2種類
ビールの基本は2種類。ビールの種類はどれ位あるのか

ランビック(自然発酵)
ランビック(自然発酵)は自然の酵母で出来たベルギービールならではの変わったビールです

ビールに使われる麦とは
ビールに使われる麦芽(モルト)は、どんな麦で焙燥されるのでしょうか

なぜ麦芽でビールを造るのか
なぜ麦芽(モルト)にしてからビールを造るのか
ベースモルトは基本
ビールにとって麦芽(モルト)は主原料であり、ビールの土台を担うのがこのベースモルト

ビールの色を決めるモルト
ビールの色を決めるモルト(麦芽)。ビールに様々見られる色合いは一体どのように創られるのか

ビールのために生まれて きたような植物
ホップの役割とは?ホップの働きには一体どのようなものがあるのか。苦味や香り、そして泡

泡持ちの良さ
ホップの役割として大切なのが泡を創るということ。ビールにとって欠かせない泡はどのように出来るのか

大事な香り付け
ホップの役割で大切なものに香りがあります。ビール独特なあの香りはどのように造られるのか

ビールの決め手!それは苦味
ビールにとって大切な味。それは苦味。その苦味はホップによって造り出されます

酵母の種類
アルコール発酵を促す酵母は幾つかあります。ワイン酵母、清酒酵母、ウィスキー酵母など・・・

酵母の働き
ビール酵母は、ビール造りにだけ使われているわけではありません


Copyright(c) 黒ビール.com. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com