ベルギービール

リンデマンス クリーク(ベルギービール)の評価・レビュー

投稿日:2011年11月9日 更新日:

リンデマンス クリーク(ベルギービール)の評価・レビュー
ベルギーのリンデマンスっていうビールがとっても変わっていると聞いたけど、どんなビールなの?教えて下さい。

このビールは、ベルギーのランビックビールと言われるものです。

日本人のイメージするビールとは、かなりかけ離れたビールと言えます。

さて、こちらでは下記ポイントを踏まえて、実際に『リンデマンス クリーク』を飲んでみた評価・レビューをお届けしたいと思います。

チェックポイント・いつも敬遠していたベルギーのビール。
・【独断と偏見レビュー】複雑な香りと酸味!まさにフルーツビールというジャンルにピッタリなビール。

リンデマンス クリークとの出会。以前から気にはなっていた

ビールのレビュー・評価をご紹介

「ビールとは思えない!」
何てコメントをよく見かけていたこのビール。

いつものリカーショップで常に鎮座しており、いつかはチャレンジしたいとは思っていたが・・・。

やはりネックとなっていたのが、値段と容量!

ん~ん、あり得ん!
オロナミンCを縦に少し伸ばした様なこのサイズ感。そして、一人前のこの価格!

手を出すには程遠いビールの一つでもあったのだがぁ・・・。

しかし、タイミングと言うのは重なるモノである。

ナント、あり得ない場所から500円玉がポロっと出てきたのだぁ!

因みに、そのあり得ない場所とは、ズボンの裾の折り目から!
まさに棚から牡丹餅である。

どうせ元々無かったあぶく銭。
その牡丹餅を持ってこの『リンデマンス クリーク』を躊躇なく購入する事に。

いよいよご対面である。どう受けて立ってやろうかぁ!

妄想を膨らませ、対峙する準備を整える事に。

クリークとは!?

クリーク:サクランボ

『クリーク』。
これはサクランボの一種をビールに漬け込んだフルーツビールを指す。

そして、クリークに欠かせないビールが「ランビック」だ。

下記でも詳しく記載しているが、培養した酵母で醸造されるラガーやエールと違って、自然に浮遊する酵母やバクテリアを用いて醸造される。

ベルギーでもブリュッセルにある特定の地域(ゼナ川流域)でしか醸造されない特別なビールである。

リンデマンス クリーク:独断と偏見によるレビュー

リンデマンス クリーク 口コミ

ん~、ワインレッドの様な色合い。
ラベルカラーやクリーク(サクランボ)という事もあり、この辺は想定の範囲内。

驚く事はない。

しかし、まったく泡が立たん!
「おい、どうしたぁ!お前はビールなのか?」

リンデマンス クリークに向かってツッコミを入れたくなる程の泡立ちである。

まぁ~、見た目はいい。
変わり種だと思えば何てことはないのだぁ。

それよりも肝心なのは味の方だぁ。

リンデマンス クリークを実際に飲んでみた感想とは

リンデマンス クリーク 評価・感想

という事で、早速、ファーストコンタクトを!

うぅぅぅ、やはりそう来たかぁ!
先ず、一口飲んだ瞬間はチェリーだぁ♪

まぁ~、想定の範囲内。妄想していた通りになってきたぞぉ。

ん!?複数の柑橘系も顔を覗かせてきたなぁ。甘みと酸味の波状攻撃だぁ!

ほぉ~、時間差でスパイス系が来たかぁ。
独特な香りが喉の内側にご挨拶をして、サッと後腐れ無く消えていってしまう。

ん? チョッと待て!麦芽は何処へ行ったぁ?
おい!ビールの要だぞ、麦芽はぁ!

もはや、これはもうビールと言う概念を超えてしまっている。

食前酒で飲むようなリキュール系の酒類に分類した方が良いのではないかぁ?

確かに女性受けはするだろう。
アルコールも申し訳ない程度の低さだし・・・。

ついつい飲みすぎてしまい、理性とお金が知らず知らず無くなっていきそうなアルコールである。

ん~ん、ベルギーのランビックは良い意味で柔軟である。
まさに、ビールの広域解釈!

ただ、私としては「ご馳走さん!」と言ったところか。

まぁ~、そもそもビールと思うからややこしくなるのである。
「自然発酵酒」と割り切れば何の問題もない・・・。

という事で、「さらば、リンデマンス クリーク。」

リンデマンス クリークの評価項目

*管理人による素人臭く勝手極まりない5段階評価

・香り:ビール評価 星4つ
・泡立ち:ビール評価 星3つ
・苦み:ビール評価 星3つ
・喉越し:ビール評価 星4つ
・後味:ビール評価 星3つ

リンデマンス クリーク 詳細

ビール名 リンデマンス クリーク/Lindemans kriek
醸造所 リンデマンス醸造所
公式サイト https://www.lindemans.be/ja/
生産地 ベルギー / フラームス・ブラバント州
タイプ ランビックビール
原材料 麦芽・ホップ・チェリー
容量 250ml
アルコール度数 約3.5%
SRM/ECB(ビール色) SRM/ECB(ビール色)
まとめ

正直に言うと、何とも言えないビールである。評価のしようがない!と言えばそれまでだが、個人的な意見を言えば「これ、ビール?」と他人を驚かすネタになりそうなビールである。どちらかと言えばスパークリングワインに近いだろうか。まぁ~いずれにせよ、食欲を増進させてくれる『食前酒』として楽しむには丁度良いドリンクではないだろうか。

リンデマンス クリーク

リンデマンス クリーク

サクランボの果汁が入ったフルーツビール。
低アルコール度数。食前酒にピッタリ!

amazon.co.jp

-ベルギービール
-, , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

スターケンズ・セントポール・スペシャル/Sterkens St Paul Specialの評価・レビュー

スターケンズ・セントポール・スペシャル(ベルギービール)の評価・レビュー

アヴィビール?ベルギーのビールには修道院ビールってのもあったけど、どう違うの?「スペシャル」って何がスペシャルなの? 密かなビール大国『ベルギー』。 複雑怪奇なビールが多いこの国で、代表的なスタイルと …

セント・ベルナルデュス・アブト12(ベルギー ビール)の評価・レビュー

セント・ベルナルデュス・アブト12(ベルギー ビール)の評価・レビュー

アヴィビール?修道院ビールの「モドキ」でしょう?美味しいの?なんか普段飲んでいるビールとは別物って感じだけど。ん!?マッタリと味わうビール?何それ? 確かにベルギービールは、我々日本人には馴染みの薄い …

ドゥシャス デ ブルゴーニュ(ベルギービール)の評価・レビュー

ドゥシャス デ ブルゴーニュ(ベルギービール)の評価・レビュー

ベルギーにはレッドビールと言うスタイルがあるらしいけど、どんなビールなの?お勧めのレッドビールはなに?教えて下さい。 ベルギーのある地域では、独自のスタイルで醸造されているビールが数多く存在する。 そ …

ヒューガルデン・ホワイト(ベルギービール)の評価・レビュー

ヒューガルデン・ホワイト(ベルギービール)の評価・レビュー

ベルギーには小麦が原料のビールがあるって聞いたけど本当?少し濁りがあるようだけど、どんな味がするのだろうか。教えて下さい! 小麦由来のビールならドイツのヴァイツェンが有名。 そして、意外と世界中で飲ま …

ウエストマール ダブル(ベルギー ビール)の評価・レビュー

ウエストマール ダブル(ベルギー ビール)の評価・レビュー

・コレって修道院ビール?って事は、トラピスト?アヴィビールじゃないの? ・ベルギービールって複雑な味って聞いたけど、このビールもそうなのかなぁ? 聖心ノートルダム修道院で醸造されている、列記とした『ト …