アメリカビール

グースアイランド・ホンカーズエール(アメリカビール)の評価・レビュー

投稿日:2019年2月14日 更新日:

グースアイランド・ホンカーズエール(アメリカビール)の評価・レビュー
シカゴの地ビール「グースアイランド」が受賞歴もたくさんあり、人気のブルワリーになっているって聞いたけど、どんなビールなのだろう?気になる・・・。

アメリカの地ビールで一度は飲んでおきたい!なんて言われているビールがコレ!

2016年に日本に上陸した『グースアイランド』。
当時は色々話題となり、ビール好きにとってはチャレンジしたいアメリカンビールでもあった。

こちらでは下記ポイントを踏まえて、実際に『グースアイランド・ホンカーズエール』を飲んでみた評価・レビューをお届けしたいと思います。

チェックポイント・いつものリカーショップで派手にアピールしてきたホンカーズエール!
・【独断と偏見レビュー】なるほど。日本人好みの飲み易さだなぁ!これは。

グースアイランド・ホンカーズエールとの出会。派手に鎮座!

ビールのレビュー・評価をご紹介

いつものリカーショップ。
暇だったので、何か新顔が置いてないかと、恒例の下見入店。

すると、如何にもぉ!と言った感じの派手なラベルを発見!

ん!?『Goose』。ベルギービールのグースか?

いや!何なんだぁ、このガチョウのマークは!?
そして、このラベルデザイン。

いかにも北米要素が漂う洒落たデザインではないかぁ。

あぁぁ、案の定アメリカの地ビールかぁ。
しかし、エールタイプは判別付くのだが、どんなタイプのエールなのかが問題だぁ。

見た感じは、ペールエールの様な雰囲気を醸し出しているのだがぁ・・・。

買って確認すれば早い話だぁ!
という事で、ご購入。

グースアイランドとは?

グースアイランドはシカゴ生まれ

1988年に創業したマイクロブルワリー。
アメリカは中西部。イリノイ州のシカゴで誕生した地ビール会社だ。

創業者のジョン・ホールは、他とは違う新しい技術や発想を模索し、個性豊かなビールを誕生させた。

特に、ワイン樽で熟成させた『SOFIE』は、シャンパンを彷彿とさせる泡立ちと柑橘系の酸味が効いた爽やかな味わいが特徴で、数多くの賞を受賞している。

そして、今回私が試した『ホンカーズエール』は、イギリスのパブで出されるリアルエールをイメージして造られたビールだという事。

因みに、名前の『ホンカーズ(HONKERS)』はグース(ガチョウ)の鳴き声を文字ったモノだそうだ。

さて、どんな英国の風を感じさせてくれるのか!
期待で、喉も腹も脳みそもいっぱいである。

グースアイランド・ホンカーズエール:独断と偏見によるレビュー

グースアイランド・ホンカーズエール:レビュー

こう言ったビールは、本来なら骨太のパイントグラスに注いで飲みたいところだがぁ、如何せんお決まりのグラスしかないもので、どうも雰囲気が出ない。

いい加減、気の利いたグラスを仕入れなければ。

因みに、お気に入りだった『デュジャンス・デ・ブルゴーニュ』のグラスは、去年の大阪の地震で脆くも粉砕してしまった・・・。

全く関係の無い話だぁ。

さて、では早速ご対面と行こうではないかぁ!

グースアイランド・ホンカーズエールを実際に飲んでみた感想とは

グースアイランド・ホンカーズエールを飲みで見た感想

おぉぉー、何とも粘りのある泡立ち!
まさに、ホイップクリームの様なモクモク系だなぁ。

個人的には、大好物な見栄えである。

グースアイランド・ホンカーズエールの評価は?

色合いも、「優等生的な!」と表現したくなる程のアンバー色。

見ているだけで、ソソラレル♪

ホント、見た目は完璧だぁ!

さて、『フルーティー・ホップ・アロマ』とやらの力量を感じてみよう!

グースアイランド・ホンカーズエールの口コミ

ほぉ~、なるほど。
麦芽の香りは抑えられ、乳酸系の「甘爽やか」な香りが仄かに漂ってくるぞぉ。

この主張し過ぎないところが憎い!

何に置いても「控えめ」が丁度良いと言う事か・・・。

では、早速ファーストコンタクトを!

ん~ん、なるほど。
微炭酸かぁ。口当たりも控えめだなぁ。

しかし、喉越しには存在感を残していく。

ん!?
後味は、これまた淡泊な感じだ。
食道から胃袋へ、快速急行の如く一気に飲み込まれて行く!といった感じだぁ。

ただ、苦みが強調されたエールビールだと謳っていたが、然程キツさも感じない。

見た目と違って、非常にライトな仕上がりとなっているビールのようだ。

しかし『味』に関しては、エールらしい独特な甘味と麦芽の旨味みたいなモノを、口の中に残していく。

まさに、「主張するところは主張する!」である。

グースアイランド・ホンカーズエールの評価項目

*管理人による素人臭く勝手極まりない5段階評価

・香り:ビール評価 星5つ
・泡立ち:ビール評価 星5つ
・苦み:ビール評価 星4つ
・喉越し:ビール評価 星4つ
・後味:ビール評価 星4つ

グースアイランド・ホンカーズエール 詳細

ビール名 グースアイランド・ホンカーズエール / Gosse Honkers Ale
醸造所 ボストン・ビール社
公式サイト http://www.gooseisland.jp/
生産地 アメリカ / イリノイ州
タイプ イングリッシュスタイル・ビター
原材料 大麦・小麦・ホップ
容量 355ml
アルコール度数 約4.3%
SRM/ECB(ビール色) SRM/ECB(ビール色)
まとめ

日本人好みだから上陸したのか?そう思わす程の飲み易さ。ペールエールは、独特な味わいと香りが特徴なのだが、比較的抑えられ癖のないビールに仕上がっている。まさに日本人好みのグビグビ系のビールではないだろうか。エールにしては少し冷やし過ぎたのだが(約10℃)、喉を潤すタイプのビールとしても旨いヤツだったぁ!

グースアイランド・ホンカーズエール

グースアイランド・ホンカーズエール

フルーティーホップアロマの爽やかな柑橘系の香り。
そして、少し苦みを強調した英国風のアンバーエール。

amazon.co.jp

-アメリカビール
-, , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

アンカー・リバティーエール(アメリカビール)の評価・レビュー

アンカー・リバティーエール(アメリカビール)の評価・レビュー

サンフランシスコにアメリカで最も古い地ビール会社があるって聞いたけど、どんなビールが飲めるの?教えて下さい! サンフランシスコを訪れたなら、一度は行ってみたいのがこの『アンカー・ブリューイング』だ。 …

サミュエル・アダムス ボストンラガー(アメリカビール)の評価・レビュー

サミュエル・アダムス ボストンラガー(アメリカビール)の評価・レビュー

アメリカのビール?薄くて水の様なイメージしかないんだけど!濃いビール?コクもあるの?アメリカでは最も有名な地ビール!? アメリカの地ビールで一度は飲んでおきたい!なんて言われているビールがコレ! 確か …