黒ビールの美味しさを伝える専門サイト

ビールに無くてはならないホップ

ビールのために生まれてきた様な植物


ビールに欠かせない植物。それがホップ

ホップがビールに使われるようになったのは、8世紀頃。
ドイツのバイエルン地方だと言われていますが定かではないようです。

それ以前のビール造りでは、例えば古代エジプトのビールには、数種類のハープ(ハッカ、ヨモギ、チョウジなど)が現在のホップの代わりに使われていたことが見受けられますが、基本的に今のビールとはかなり違ったものであったのではないでしょうか。

その理由として、ホップという植物が持っている苦味の要素や、ビールにとっては大切な泡。そして、200種類以上の香味成分が含まれているとされる精油成分などが、現在のビールの特徴を引き出しているからです。



そもそもホップとは?

ホップ

このホップという植物。一体どういったものかと言うと、山地林緑に樹生するクワ科のつる多年草(セイヨウカラハナソウ)で、ビール造りにはその内の雌株のみ使用します。

雄株は基本的に使われることはありません。
その理由は、雄株自体にビールにとって必要な要素があまりないと言う事と、雄株が雌株に授精してしまうと、ビールに必要な「芳香」や「苦味」といった成分を作り出す樹脂や精油成分などが生成されないからです。

要するに、厄介者というわけです。

因みにこのホップ。雌雄異株で授精することなく単体で増やすことが出来ますので、雄株は栽培されることなく世界中で減少しているようです。

もちろん、日本でもホップは栽培されていますし、家庭用でも鉢植えで栽培できるような形で売られています。
また、野生のホップも樹生していますが、これらは西アジア原産の帰化植物で、観賞用などで持ち込まれたものがそのまま野生化してしまったようです。



黒ビール.com コンテンツ一覧

黒ビールはどこがルーツ
ビールの歴史はどこから始まったのか
そんな疑問にお答えします

ラガービールの誕生
ラガービールが生まれたのは、15世紀ドイツのミュンヘン(バイエルン地方)でその産声を上げました

日本人とビールとの出会い
日本人とビールとの出会い。日本のビールの歴史はいったい何処から始まったのか

ビール純粋令
1516年、ドイツのバイエルン(当時バイエルン公国)、ヴィルヘルム4世(在位1508年~1550年)によって制定

ビールの基本は2種類
ビールの基本は2種類。ビールの種類はどれ位あるのか

ランビック(自然発酵)
ランビック(自然発酵)は自然の酵母で出来たベルギービールならではの変わったビールです

ビールに使われる麦とは
ビールに使われる麦芽(モルト)は、どんな麦で焙燥されるのでしょうか

なぜ麦芽でビールを造るのか
なぜ麦芽(モルト)にしてからビールを造るのか
ベースモルトは基本
ビールにとって麦芽(モルト)は主原料であり、ビールの土台を担うのがこのベースモルト

ビールの色を決めるモルト
ビールの色を決めるモルト(麦芽)。ビールに様々見られる色合いは一体どのように創られるのか

ビールのために生まれて きたような植物
ホップの役割とは?ホップの働きには一体どのようなものがあるのか。苦味や香り、そして泡

泡持ちの良さ
ホップの役割として大切なのが泡を創るということ。ビールにとって欠かせない泡はどのように出来るのか

大事な香り付け
ホップの役割で大切なものに香りがあります。ビール独特なあの香りはどのように造られるのか

ビールの決め手!それは苦味
ビールにとって大切な味。それは苦味。その苦味はホップによって造り出されます

酵母の種類
アルコール発酵を促す酵母は幾つかあります。ワイン酵母、清酒酵母、ウィスキー酵母など・・・

酵母の働き
ビール酵母は、ビール造りにだけ使われているわけではありません



Copyright(c) 黒ビール.com. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com