黒ビールの美味しさを伝える専門サイト

サーモス(THERMOS)保冷缶ホルダーは結構良い!

缶ビールの暑さ対策に保冷缶ホルダー


サーモス/THERMOS 保冷缶ホルダー JCB-351

やっぱり缶ビールは最後まで冷えた状態で飲み干したい!
特に暑い季節は・・・。

でも、冷えたものは時間が経つにつれて温くなってしまう。それは、自然の成り行きでもあります。

しかし!やっぱり温いビールは飲めたモンじゃない!!

そこでチョッと調べておりましたら、こんなアイテムが世に出ておりましたぁ!

しかも、350mlに特化した利便性に優れた商品。
更に、何ともオシャレなこのデザイン性!

その名も『サーモス/THERMOS 保冷缶ホルダー JCB-351』!
別名『HOL℃(ホールド)』。

そう!あの魔法瓶の世界的ブランドが手がける、ステンレス製真空断熱2重構造の缶ホルダーなんです。


サーモスの保冷缶ホルダーは、更にバージョンアップしました!

実は以前にも類似品が発売されており、その実力はよく知られていました。
しかし、新たにデザインがカラフルになり、再発売された商品なんです。

その実力は、データーとしてパッケージにも記載されておりますが、なかなかの優れもの!

30度の室内で4℃の水をホルダー使用で計測したら、1時間後でも8℃という冷たさをキープしていたとか。

8℃と言えば、ビールを美味しく飲める適温と言えます!

更に2重構造という事もあるのでしょうか。ホルダーに熱が伝わらないので表面に結露が表れず、テーブルやデスクを塗らす心配もありません!

また、暑い季節だけでなく冬場にも役立ってくれます。
あの寒い時期に欠かせない鍋料理。意外とダイニングの上ではコンロの熱ってビールを温くしてしまいます。そんな時、このホルダーを使えば熱から缶ビールを守ってくれます。

もちろん、室内だけでなくアウトドアでも利便性は高いです。
特に、車内での活用は想像以上に良い見たいです♪

昼間はジュースやお茶。そして夜には缶ビール。
昼夜季節を問わず役立ちそうです。

amazon.co.jpでチェック

黒ビール.com コンテンツ一覧

黒ビールはどこがルーツ
ビールの歴史はどこから始まったのか
そんな疑問にお答えします

ラガービールの誕生
ラガービールが生まれたのは、15世紀ドイツのミュンヘン(バイエルン地方)でその産声を上げました

日本人とビールとの出会い
日本人とビールとの出会い。日本のビールの歴史はいったい何処から始まったのか

ビール純粋令
1516年、ドイツのバイエルン(当時バイエルン公国)、ヴィルヘルム4世(在位1508年~1550年)によって制定

ビールの基本は2種類
ビールの基本は2種類。ビールの種類はどれ位あるのか

ランビック(自然発酵)
ランビック(自然発酵)は自然の酵母で出来たベルギービールならではの変わったビールです

ビールに使われる麦とは
ビールに使われる麦芽(モルト)は、どんな麦で焙燥されるのでしょうか

なぜ麦芽でビールを造るのか
なぜ麦芽(モルト)にしてからビールを造るのか
ベースモルトは基本
ビールにとって麦芽(モルト)は主原料であり、ビールの土台を担うのがこのベースモルト

ビールの色を決めるモルト
ビールの色を決めるモルト(麦芽)。ビールに様々見られる色合いは一体どのように創られるのか

ビールのために生まれて きたような植物
ホップの役割とは?ホップの働きには一体どのようなものがあるのか。苦味や香り、そして泡

泡持ちの良さ
ホップの役割として大切なのが泡を創るということ。ビールにとって欠かせない泡はどのように出来るのか

大事な香り付け
ホップの役割で大切なものに香りがあります。ビール独特なあの香りはどのように造られるのか

ビールの決め手!それは苦味
ビールにとって大切な味。それは苦味。その苦味はホップによって造り出されます

酵母の種類
アルコール発酵を促す酵母は幾つかあります。ワイン酵母、清酒酵母、ウィスキー酵母など・・・

酵母の働き
ビール酵母は、ビール造りにだけ使われているわけではありません


Copyright(c) 黒ビール.com. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com