コタツやローテーブルとの相性がピッタリなフロアコーナーソファ

Pocket

コタツとの組み合わせでお探しの方には、ピッタリなローソファーです!
また、クッション要らずのフカフカな座り心地も、この【moffy】モフィのおススメポイント♪

| 【moffy】モフィは、こんな方に良いかも・・・

レイアウトが自由に出来るセパレート式が欲しい!
とにかくフカフカな座り心地は外せない!
コタツに合わせやすいコーナーソファーを探している!
取り扱いが楽なソファが良い!

| 【moffy】モフィのチョッと良いポイント

左右を選ばないレイアウトが可能!
フロアコーナーソファ【moffy】モフィは、お部屋のサイズに合わせて4タイプのサイズ展開をご提供しております。そのどれもがセパレート式を採用し、右コーナー・左コーナー問わず配置して頂く事が出来ます。また、コタツやテーブルを挟んでの対面式レイアウトも可能。急な来客時でも簡単に対応頂けます。

とにかく軽い!
重いソファは何かと不便!特にお掃除の時などは億劫になってしまいます。
しかし、分割式の【moffy】モフィは、女性でも軽々持ち運びが出来る重量設計となっており、ストレスを感じる事無く取り扱いが可能です。

【moffy】モフィの詳細は【低目屋】でご確認下さい »

| 【moffy】モフィを置くならこんなお部屋のイメージでしょうか

フロアコーナーソファ【moffy】モフィは、床に近いロースタイルのデザイン性と、その丸みを帯びた形状から和モダンな空間に映えるスタイルだと言えます。
またアイボリーやベージュに関しては、スタンダードなモダンスタイルや、木の素材とトーンの明るい色味をコーディネートさせた北欧スタイルのお部屋にも合うローソファーではないでしょうか。

| 【moffy】モフィ:レイアウト 一例

 

シンプルなモダンスタイルを絵に描いたようなお部屋です。
敢えて白系のカラーで統一し、床も毛足の長いカーペットでフローリングを覆っている点がセンスを感じさせます。
簡単そうで意外と難しいこのカラーコーディネート。アイボリーの【moffy】モフィで、是非挑戦してみて下さい。

 

 

こちらも淡いトーンでカラーコーディネートされたリビングです。コンテンポラリー・スタイルでしょうか。非常にシンプルで清潔感のある空間となっています。
ベージュ系のフカフカソファに、敢えて同じ色合いのラグマットを合わせています。嫌みの無いとても上品な印象が感じられます。

 

 

ミッドセンチュリー・モダンとでも言いましょうか、現代アートを彷彿とさせるインテリアで彩られたリビングです。
なかなかマネをするのは難しいセレブレティな空間ではありますが、こちらの例では『色』の組み合わせを参考にして頂けたらと思います。
全体的にホワイトをベースにした空間ではありますが、一見場違いの様なアクセントカラーを配色する事により、グッとモダニズムに近づけた印象を与えてくれます。
特に、アイボリー系のソファと斬新なインディゴを色味に取り入れたラグマットとの組み合わせは、非常にセンスを感じさせます。

 

 
 

ソファが置かれていないので、イメージし難いかも知れませんが、和モダンを上手く演出した空間となっています。
コンクリート打ち放しの壁。そして方や合板で一面を覆った壁。一見アンバランスでバラバラ感が感じられますが、床の琉球畳がその空間を上手く調和させ、非常に現代的な和のスタイルを創り上げています。
この様な空間には、ブラウン系のローソファーをレイアウトする事により、アクセント効果を高め非常に引き締まった空間を演出する事が出来そうです。

 

 

日本の住環境でよく見られるリビングではないでしょうか。
ヒノキでしょうか。明るい建材を多く取り入れ、非常に清潔感を感じさせる空間となっています。
また、向かいの部屋の砂壁と対比するようにヨモギ色のローソファーがおかれ、バランスの取れたレイアウトが施されています。
ローテーブルとの組み合わせ(高さや配置)も、絶妙です。

 

 

白を基調とした開放的な北欧スタイルのリビングです。
お部屋のイメージも然る事ながら、ロースタイルにおけるインテリアのレイアウト方法に関しては、指標にして頂きたい例の一つです。
テレビボードやテーブルの高さをソファに合わせ、照明器具もフロアタイプのライトを配置。また、テレビボードに対して真向かいにソファを置くのではなく、敢えて角度を変えてずらしてレイアウトしている点が、とってもオシャレに感じさせます。
そして、モスグリーンのソファがアクセントとなり、お部屋全体のイメージを『緑=自然』と印象付けている点もセンスを感じさせます。 

フロアコーナーソファ【moffy】モフィは、ロースタイルを強調させる家具でもあります。その為、組み合わせる家具やインテリアとの兼ね合いが重要となってきます。
また、お部屋のベースカラーと【moffy】モフィのカラーリングを合わせる事により統一感が生まれ、バラバラに成りがちな配色も上手くコーディネート出来るのではないでしょうか。

【moffy】モフィの詳細は【低目屋】でご確認下さい »

スポンサーリンク

No comments yet

leave a comment

*

*

*