室内犬のヘルニア対策に!ローソファー【amiche】アミーチェ

Pocket

ワンちゃんのヘルニアが心配な方には、是非このローソファー【amiche】アミーチェがおススメです!
小型犬でも負担にならない座面高!そして、抜け毛のお掃除も楽々な合皮素材を採用しています。

| 【amiche】アミーチェは、こんな方に良いかも・・・

ソファの上り下りで愛犬の腰が心配!
小さい子がいるのでソファからの転倒が怖い!
毛が絡んだりホコリが立ちやすいのでファブリック生地はイヤ!
スタンダードなローソファーが欲しい!

| 【amiche】アミーチェのチョッと良いポイント

老犬にも優しい座面高!
室内犬のソファへの上り下りは何かと心配の種ですが、この【amiche】アミーチェの座面高は、ナント14cm!!
胴の長いダックスやコーギーにも負担の掛からない高さとなっています。

広い座面設計!
【amiche】アミーチェは、狭小スペースでも圧迫感を感じさせないコンパクト設計となっています。
しかし、ソファのポイントでもある座面の広さは十分確保されているので、ゆったりと寛いで頂く事が可能です。

【amiche】アミーチェの詳細は【低目屋】でご確認下さい »

| 【amiche】アミーチェを置くならこんなお部屋のイメージでしょうか

【amiche】アミーチェの特徴としましては、シンプルで角張ったデザイン性が挙げられます。
この様なスタンダードなソファは、どんなスタイルの空間にも合わせやすく、また、カラーもアイボリーとブラックが用意されており、コーディネートし易いローソファーだと言えます。

| 【amiche】アミーチェ:レイアウト 一例

和モダンとでも言いましょうか、格子の間仕切りとモザイク模様にデザインされた壁のタイルが、非常にシックで落ち着いた印象を与えてくれます。
明るめのフローリング材がコーディネートされ、ブラックレザーのソファが非常に映える空間となっています。

 

インダストリアル系のクールな空間。赤レンガの壁が古びた工場跡地を連想させる渋いスタイルとなっています。
無機質でむき出しの構造物を全面に押し出したこの様なデザインには、真っ黒なレーザーソファがよく似合います。

 

こちらのコンテンポラリーなリビングは、黒と濃いグレー、そしてホワイトで配色した、非常にシンプルで洗練された空間となっています。
黒には白を組み合わせ(壁と暖炉)、黒には白を組み合わせた(ソファとラグマット)配色の妙は、センスを感じさせるレイアウトの一例ではないでしょうか。

 

 

こちらのインダストリアルスタイルのリビングは、アイボリーをソファに用いベースとなるカラーをブラックに持って来た逆の例です。
構造物むき出しの工業的なイメージの中に、ラグジュアリーな雰囲気を演出した、非常に洗練された空間となっています。

 

クラシカルな雰囲気を残しつつ、現代的な要素を取り入れたトランジショナルスタイル。
このスタイルの特徴は、淡い色合いでカラーコーディネートするのがポイントですが、そんな配色に合うのがアイボリーのソファー。
淡いブルーの壁。そして、エメラルドグリーンのソファーとパーテーションを上手く中和させる働きをしています。

 

欧米では非常に好まれるシメントリーなレイアウトの一例です。
非常にゴージャスでマネのし難いリビングですが、アイボリーのソファを中心に置いて、配色とレイアウトが考えられた見本になる一例です。

 

西海岸辺りの海沿いに佇むアパートの一室をイメージさせる空間です。
ビールスタイルと言ったデザインでしょうか。清潔感のある開放的なホワイトをベースカラーに配色し、濃いフローリング材が非常に映えるリビングとなっています。
アイボリー系のソファとクッション、そしてラグマットが壁、天井、床とのコントラストを上手く融合させています。

【amiche】アミーチェは、スタイルを選ぶ事無く「無難」にレイアウト出来るローソファーだと言えます。
また、ロースタイプならではの低いスタイルは、床材やカーペットとの兼ね合いによって、面白いコーディネートが楽しめるソファでもあります。

【amiche】アミーチェの詳細は【低目屋】でご確認下さい »

スポンサーリンク

No comments yet

leave a comment

*

*

*