犬の躾(しつけ)奮闘記

我が家の犬:シュヴァルツ

| 犬のトイレトレーニング・クレートトレーニング・無駄吠え、要求吠えの改善

室内犬を始めて飼ったド素人の奮闘記。独自の方法により犬の3大問題でもあるトイレ・クレート・吠えの改善経過をご紹介しています。

特に、4ヶ月で我が家に来てからの1年程は、まさに『奮闘』でしたぁ!
改善のスピードで言えば、超~緩やかな曲線を描くような成長ぶり、と表現すればお分かり頂けるでしょうか。

今現在は、成犬へと成長し一人前な顔をしておりますが、やはり何か抜けていると言った状態。

まぁ~、介助犬や警察犬になるのではないでの、この程度で良しとしています。

| その前に、我が家の犬はこんな犬

人間にも、持って生まれた性格があるように、犬にも犬種や血筋、オス・メスの違いによって様々な性格があります。

その為、私が今現在行っている躾(しつけ)方法が、皆さんの飼われている愛犬にも当てはまるか、と言えば「?」が付きます。
しかし、愛情を持って辛抱強くトレーニングしていく事は、どんな犬種にも共通することだと勝手に思ってもいます。

と言う事で、当サイトをご利用いただく場合は、一つの指標として参考にして頂ければと考えております。

因みに我が家の愛犬ですが、左に記載しているお坊ちゃんです。
ミニチュアダックスという犬種は、少し躾(しつけ)が難しいなんて事も聞かれますが、我が家のお坊ちゃまに関しては、まんざらウソではないようです。

また、チビのくせに声が図太く非常に通ります。だから、最初の1ヶ月は彼の吠える声で戦々恐々としておりました(特に夜は・・・)。

そしてこの手の犬種は、垂れ耳ということもあり耳の病気にもなりやすく、毎日耳穴チェックは欠かせません。

飼い始めの頃、そのことを知らず1週間ほどほって置いたら、案の定耳の中でお味噌が出来ていました。(強烈な臭いで気付いたのですが)

また性格の方ですが、チョッとイらっとする性格なのか、コマンドを出すと首の当たりを掻きだしたり、尻尾に食らいつく行動をしてその後へたり込んで動こうとしません。

尻尾噛みに関しては、余り良い傾向では無いとの事なので、注意して気を逸らすよう心がけております。

あと、犬は褒められて伸びる動物ですが、その辺はあまり過剰には反応しません。
おやつに関しては好きです。しかし、自分がトレーニングをやりたくないと思うとおやつも無視です。

そして、一人ぽっちになると寂しがるくせに一緒にいると一人で遊んでます。私の方には寄って来ません。しかし、私が移動すると付いてきます。この辺は人間の子供と同じでしょうか。

まぁ~、なかなかの頑固モノです。何とか1歳になるまでには、躾をある程度終わらせたいのですがぁ・・・。

最後に名前の由来ですが、大した理由はありません。
ただ単にこのビールが好きだったからです↓↓↓

シュヴァルツビア

Comments closed