黒ビールの美味しさを伝える専門サイト

ビールの基本をご紹介。
ビール発祥の地は?黒ビールはどこで生まれた?

ビールのルーツ その1:ビール発祥はエジプト


ところでビールの発祥ってどこ?

ビール本来の歴史は、一般的にメソポタミア文明(紀元前3500年~紀元前3000年)の頃から造られていたとされていますが、小麦や大麦などの穀物は、それ以前の紀元前8000年以上昔から栽培されていたと言われています。

ビールの主原料となるそれらの穀物が、既にその時代から作られていたのであれば、ビール造りもその頃より行われていたと推測できるのではないでしょうか・・・。

現在のビールの原型が出来上がったのは、シュメール人(紀元前3000年程前)の時代に造られていたとされ、イラク北部のシャルモ遺跡から発掘されたモニュマン・ブルー(当時の生活様式が楔形文字によって刻まれた粘土板)の中に、その頃のビール造りの記録が残されています。

これらのビール造りは、その後バビロニアを経由しエジプトへと伝来して行きます。
古代エジプトでは、ビールは賃金や報酬の代わりとして支給されていたようで、ピラミッドを建造する際、労働者の賃金として支払われていました。

その他、ビールは医薬品としても用いられ、女性などは美容のため洗顔などにも使っていたようです。

古代エジプトで広がったビール造りは、地中海を経由しイギリスに上陸、その後ゲルマンに伝わりヨーロッパ全土へと広がって行きます。

しかし、ギリシャやローマでは穀物栽培があまり適さず、品質の悪いビールしか造ることが出来なかったようで、その土地で取れる上質な葡萄を使ったワインが飲まれるようになり、いつしかビールは粗悪な物、と位置づけるようになったのです。


ビールのルーツ その2:ラテンアメリカではもっと早い?

アマゾンの奥地でビール造り?

アマゾン流域とするラテンアメリカでは、メソポタミアよりも古く約1万年以上前から造られていたのではないかとされています。

この地域では当時、原料にトウモロコシやキャッサバ(タピオカ)、イモ、果実などで酒造りが行われていました。

特に、トウモロコシやキャッサバを使って造られる「チチャ」は、広い範囲で造られていたようです。

このチチャは、原料を粉上にして口の中に含み、唾液(アミラーゼ)と混ぜ合わせ発酵を促す口噛み酒と呼ばれるものです。

唾液により、トウモロコシに含まれるデンプンを糖に分解して、アルコール発酵出来るようにするのです。

そしてこの地域の人々は、現在の黒ビールに共通する色の黒い発酵酒も造っていたようです。

主原料となるトウモロコシや、キャッサバを黒く焙煎してから造ることにより、香り高い発酵酒が出来上がったものと思われます。

黒ビールとヨーロッパ人の出会い

ビールとヨーロッパ人との出会い

ビール造りが行われるようになって以来、色に関しては濃色がビールの色であり、今のような淡色のビールが造られるようになったのは、ピルスナーが誕生してからのことです。

それ以前までの焙燥技術は、薪や藁などで燻すことにより、幾度と真っ黒な麦芽に仕上がり、ビールの色も黒かったに違いありません。

ラテンアメリカでもそのような黒い発酵酒が造られ、ヨーロッパの人々に少なからず影響を与えたのではないでしょうか・・・。

16世紀~18世紀にかけてヨーロッパ諸国(スペインやポルトガル)の侵略が始まり、1537年、フランシス・ピサロによってインカ帝国が滅亡し、植民地化が進みました。
それに伴い、多くの移民者がヨーロッパ諸国から移住してきました。

彼らの中にはアマゾンの奥地へと分け入る者も現れ、必然的に原住民と接触し、この芳ばしい香りのする色の濃い液体に出会うことになったのです。

しかし、この発酵酒をビールと位置づけるのはどうなのでしょうか・・・。
本来ビールとは、麦を主原料とする物ので、これをビールと定義するのは難しいのではないかと思います。

当時のヨーロッパ人にとってこの黒ビール?は、大変興味があったことには間違いないでしょうが・・・。

ヨーロッパの醸造人たちは、この製法を自分たちの醸造技術に取り入れ、すばらしい黒ビールを造り出したのです。

20世紀中頃、ブラジルを一体とするこの地域では、数多くの黒ビールを造る醸造所があり、ヨーロッパ諸国の醸造技師(ブルーマスター)の指導の下、ビール造りが行われてきました。


黒ビール.com コンテンツ一覧
黒ビールはどこがルーツ
ビールの歴史はどこから始まったのか
そんな疑問にお答えします

ラガービールの誕生
ラガービールが生まれたのは、15世紀ドイツのミュンヘン(バイエルン地方)でその産声を上げました

日本人とビールとの出会い
日本人とビールとの出会い。日本のビールの歴史はいったい何処から始まったのか

ビール純粋令
1516年、ドイツのバイエルン(当時バイエルン公国)、ヴィルヘルム4世(在位1508年~1550年)によって制定

ビールの基本は2種類
ビールの基本は2種類。ビールの種類はどれ位あるのか

ランビック(自然発酵)
ランビック(自然発酵)は自然の酵母で出来たベルギービールならではの変わったビールです

ビールに使われる麦とは
ビールに使われる麦芽(モルト)は、どんな麦で焙燥されるのでしょうか

なぜ麦芽でビールを造るのか
なぜ麦芽(モルト)にしてからビールを造るのか
ベースモルトは基本
ビールにとって麦芽(モルト)は主原料であり、ビールの土台を担うのがこのベースモルト

ビールの色を決めるモルト
ビールの色を決めるモルト(麦芽)。ビールに様々見られる色合いは一体どのように創られるのか

ビールのために生まれて きたような植物
ホップの役割とは?ホップの働きには一体どのようなものがあるのか。苦味や香り、そして泡

泡持ちの良さ
ホップの役割として大切なのが泡を創るということ。ビールにとって欠かせない泡はどのように出来るのか

大事な香り付け
ホップの役割で大切なものに香りがあります。ビール独特なあの香りはどのように造られるのか

ビールの決め手!それは苦味
ビールにとって大切な味。それは苦味。その苦味はホップによって造り出されます

酵母の種類
アルコール発酵を促す酵母は幾つかあります。ワイン酵母、清酒酵母、ウィスキー酵母など・・・

酵母の働き
ビール酵母は、ビール造りにだけ使われているわけではありません


Copyright(c) 黒ビール.com. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com