備前焼のジョッキで旨い黒ビールを!

ボヘミアのビアグラス。でもお値段はお手頃

リーデル/Riedel オヴァチュア ビア 6408/11

リーデル/Riedel オヴァチュア ビア 6408/11

1756年に設立されたリーデル社。あのグラスの聖地とも言われるボヘミアの地で250年にも及ぶ歴史を持つ老舗メーカーです。

そもそも、ブドウの品種ごとにそれぞれ違ったワイングラスを製造し、世界の愛好家も認める最高品質のワイングラスを提供しているブランドなので、ビアグラスに関しても非常に多くの支持を得ています。

このオヴァチュアシリーズも、もともとお手頃なワインを本格的に楽しむために作られたグラス。
そんな世界が認める技術をビアグラスとして再現したのが、この商品なんです。

サイズの割には非常に軽く出来ているこのグラス。
ワイングラス特有の薄い構造になっており、驚く程口当たりが柔らかで非常に飲み易いビアグラスとなっています。

また、容量も500mlサイズで350mlの缶ビールもキレイに入る大きさ。

見た目や質感の割にはお値段もお手頃で、普段使いにピッタリなビールグラスと言えます。

■製品仕様
・サイズ:高さ17cm 口径6.9cm
・容量:500ml
・素材:ソーダガラス

楽天市場でチェック
アマゾンでチェック



黒ビール.com コンテンツ一覧

黒ビールはどこがルーツ
ビールの歴史はどこから始まったのか
そんな疑問にお答えします

ラガービールの誕生
ラガービールが生まれたのは、15世紀ドイツのミュンヘン(バイエルン地方)でその産声を上げました

日本人とビールとの出会い
日本人とビールとの出会い。日本のビールの歴史はいったい何処から始まったのか

ビール純粋令
1516年、ドイツのバイエルン(当時バイエルン公国)、ヴィルヘルム4世(在位1508年~1550年)によって制定

ビールの基本は2種類
ビールの基本は2種類。ビールの種類はどれ位あるのか

ランビック(自然発酵)
ランビック(自然発酵)は自然の酵母で出来たベルギービールならではの変わったビールです

ビールに使われる麦とは
ビールに使われる麦芽(モルト)は、どんな麦で焙燥されるのでしょうか

なぜ麦芽でビールを造るのか
なぜ麦芽(モルト)にしてからビールを造るのか
ベースモルトは基本
ビールにとって麦芽(モルト)は主原料であり、ビールの土台を担うのがこのベースモルト

ビールの色を決めるモルト
ビールの色を決めるモルト(麦芽)。ビールに様々見られる色合いは一体どのように創られるのか

ビールのために生まれて きたような植物
ホップの役割とは?ホップの働きには一体どのようなものがあるのか。苦味や香り、そして泡

泡持ちの良さ
ホップの役割として大切なのが泡を創るということ。ビールにとって欠かせない泡はどのように出来るのか

大事な香り付け
ホップの役割で大切なものに香りがあります。ビール独特なあの香りはどのように造られるのか

ビールの決め手!それは苦味
ビールにとって大切な味。それは苦味。その苦味はホップによって造り出されます

酵母の種類
アルコール発酵を促す酵母は幾つかあります。ワイン酵母、清酒酵母、ウィスキー酵母など・・・

酵母の働き
ビール酵母は、ビール造りにだけ使われているわけではありません
Copyright(c) 黒ビール.com. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com