ビールを飲んだ感想・評価・口コミ

ドライ系のビールのような喉越しが味わえるスタウト!

山口地ビール スタウト:ビールレポート


山口地ビール スタウト

--2006/04/22 記載--


また、貰い物である。有りがたい事だ。
そして、頂戴つかまつった地ビールが、この「山口地ビール スタウト」。

「たまには身銭を切って買え!」。
そんな戒めを自分に言い聞かせながら、「買って来てくれるものはしゃぁーない!」と、嬉しさこぼしながら開き直っております。

しかし、色んな所に地ビールはあるもんです。
この山口地ビールも、鳴滝高原と言う観光地で頑張っているブルワリーだそうで。(おいでませ山口へ・・・結構イイ所らしいです。鳴滝は)

さてさて、では早速♪
ほぉ~、色は殆ど真っ黒。見た目にそそられるスタウトである。

ん~ん、冷やし過ぎたかぁ。泡はチョッと少な目(本来は、もっとモクモク立つのだろうが) 。
しかしキメ細やか!こう言うのをクリーミーと言うのだろう。

おぉ~、何と爽やかなフルーツ系の香りがぁ・・・。ヨーグルトの様な乳酸系も併せ持つのかぁ!(酵母が生きている証拠)

さて、では早速ファーストコンタクトを!
ん!?何だぁ!・・・。これは驚かされたぁ!
この地ビールの「本気」が襲ってきたぞぉ!

ギネススタウトをイメージされると思ったら、これは別物ではないかぁ!
あの舌にまとわり付くような苦味が殆ど無い!しかも、その苦味はあくまでも脇役かぁ・・・。

良いぞぉ!この酵母の甘さと酸味の加減がぁ!

おぉぉぉ。ピリピリ感が喉の表面を襲うぅ!
まさにドライビールのようなスッキリタイプだぁ!!

しかし、香りが堪らん♪焙煎モルトの芳ばしい香り。
素直に旨い!そう叫びたくなる地ビールだぁ。(あくまでも個人的見解・・・

勿論、スタウトの良さでもあるスモーク香とマッタリとした苦味。
そして、ホイップクリームの様な泡は健在!

こんなスタウトもアリだなぁ~。

ただ、悲しいかなぁ330ml・・・。一気に完飲!
アルコール度は約6.0%かぁ。丁度良い塩梅である。

ネット通販でもう一度買うか!今度は身銭でぇ・・・。


ビール.com 国別ビール口コミ・レビュー・評価


ベルギービール:口コミ・レビュー・評価
ドイツビール:口コミ・レビュー・評価
アメリカビール:口コミ・レビュー・評価
イギリスビール:口コミ・レビュー・評価
輸入ビール:口コミ・レビュー・評価
日本の地ビール:口コミ・レビュー・評価
国産ビール:口コミ・レビュー・評価

黒ビール.com コンテンツ一覧

黒ビールはどこがルーツ
ビールの歴史はどこから始まったのか
そんな疑問にお答えします

ラガービールの誕生
ラガービールが生まれたのは、15世紀ドイツのミュンヘン(バイエルン地方)でその産声を上げました

日本人とビールとの出会い
日本人とビールとの出会い。日本のビールの歴史はいったい何処から始まったのか

ビール純粋令
1516年、ドイツのバイエルン(当時バイエルン公国)、ヴィルヘルム4世(在位1508年~1550年)によって制定

ビールの基本は2種類
ビールの基本は2種類。ビールの種類はどれ位あるのか

ランビック(自然発酵)
ランビック(自然発酵)は自然の酵母で出来たベルギービールならではの変わったビールです

ビールに使われる麦とは
ビールに使われる麦芽(モルト)は、どんな麦で焙燥されるのでしょうか

なぜ麦芽でビールを造るのか
なぜ麦芽(モルト)にしてからビールを造るのか
ベースモルトは基本
ビールにとって麦芽(モルト)は主原料であり、ビールの土台を担うのがこのベースモルト

ビールの色を決めるモルト
ビールの色を決めるモルト(麦芽)。ビールに様々見られる色合いは一体どのように創られるのか

ビールのために生まれて きたような植物
ホップの役割とは?ホップの働きには一体どのようなものがあるのか。苦味や香り、そして泡

泡持ちの良さ
ホップの役割として大切なのが泡を創るということ。ビールにとって欠かせない泡はどのように出来るのか

大事な香り付け
ホップの役割で大切なものに香りがあります。ビール独特なあの香りはどのように造られるのか

ビールの決め手!それは苦味
ビールにとって大切な味。それは苦味。その苦味はホップによって造り出されます

酵母の種類
アルコール発酵を促す酵母は幾つかあります。ワイン酵母、清酒酵母、ウィスキー酵母など・・・

酵母の働き
ビール酵母は、ビール造りにだけ使われているわけではありません


Copyright(c) 黒ビール.com. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com