肉料理に合う厳選黒ビール

黒ビール.comがオススメする
肉に合う黒ビール

大好きな肉料理には、こだわりの黒ビールを♪


肉に合うこだわりの黒ビールを!

肉!肉!肉!
皆さん、大好きですよねぇ♪肉!

焼肉、すき焼き、ステーキ、ビーフシチュー、しゃぶしゃぶ、ローストビーフ・・・。
・・・と、結局牛肉ばっかり取り上げていますが、とにかく考えただけでも喉が鳴ってしまいます!

さて、では肉料理のお供と言えば、一体何を真っ先に思い浮かべるでしょうか。
やっぱり白ご飯ですか?うぅぅ、これも外せません!

美味しい焼きたてのブレッド!おぉぉ!それも有りですねぇ♪

その前に、何か忘れちゃぁ~いませんか?
そう!お酒です。

となると、やはり肉にはワイン(^^♪
私も好きです。赤は、絶対王者です!

その次に連想されるのが、ビール。ではないでしょうか?

という事で、前置きが長かったですけど、専門サイトとしましては、ビール。それも『黒ビール』を中心にご紹介したいと思います。

なかなか、肉料理で黒ビールや濃色ビールを連想される人は少ないのかも知れませんが、私、飲んだ暮れ太郎が、何の根拠も無く独断と偏見でおススメの黒ビールをご紹介していきます。

もし宜しければ、一つの指標としてご活用下さい。

黒ビール.comがオススメする、肉に合う黒ビール

| 肉料理の王道!焼肉

焼肉に合う黒ビール!

焼肉の味と言えば、ニンニクやトウガラシが効いた甘辛いタレ!
塩タレなんてモノもありますが、先ず思い描くのがあの濃厚なタレの味ではないでしょうか。

となると、黒ビールに求められる味は、そんなタレに負けないパンチ力と、甘さと旨味を掻き消さないあっさりとした後味。
そんなビールが合うんじゃないでしょうか。

と言うことで、飲んだ暮れ太郎がおススメするのが、このビール!


山口地ビール スタウト

| 山口県の地ビール/山口地ビール スタウト

ロースト麦芽を5種類も原料に使用し、独特の苦みと香ばしさを表現したスタウト。

しかし、従来のスタウトよりものど越しがドライで、後味もラガービールに似た日本人好みの味わいに仕上がっています。

焼肉のパンチの効いた味にも負けない麦芽の香ばしさ!
そして、焼肉の味を邪魔しないキリッと辛いドライ感!

まさに、焼肉のお供にピッタリな黒です!
» 詳細を確認する

| 肉本来の旨さを堪能!ステーキ

ステーキに合う黒ビール!

厚い鉄板の上で焼かれるステーキ。
塩と胡椒のみと言った、非常にシンプルな味付けではありますが、肉本来の旨味を一番堪能できるのが、このステーキではないでしょうか。

香ばしく焼けた表面は、黒コショウとオイル、そしてワインでフランベした何とも言えない芳ばしい香りを楽しめます♪

また、切り口からは肉汁が滴り落ち、ピンク色の淡い肉本来の色合いが覗かせ、問答無用のご馳走となるのです!

そんなステーキには、やはり肉の旨さを邪魔せず、とは言え、そんな旨さを増幅させるような香りと後味を持ち合わせたビールが良いのではないでしょうか。

そこで、飲んだ暮れ太郎がおススメする、ステーキに合う黒(濃色)ビールがコレ!


セント・ベルナルディスアプト12/St.Bernardus 12

| ベルギービール/セント・ベルナルディスアプト12

修道院直伝の本格派アビィ・ビール。しかも高アルコール度の飲み応えバツグンのベルギービールです。

ステーキにはやっぱり赤ワイン!だったら、そんな赤ワインにも負けない芳醇な香りと複雑な味わいを併せ持ったビールが、ステーキにはピッタリ!

肉の旨味と香りを最大限生かしてくれそうな、数種類の果物をミックスしたような香り。
そして、自然な甘さを後味に残す、非常に奥深い味わいを楽しむ事が出来るのが、このセント・ベルナルディスアプト12なんです!

ステーキの旨さを最大限引き出してくれそうなベルギービールです!
» 詳細を確認する

| 肉と野菜の旨味が凝縮!すき焼き

すき焼きに合う黒ビール!

すき焼きには、関東風と関西風の作り方があります。(地方によっては、更に細分化されるかも・・・)

ご存じ、関東風は割り下を入れて煮ていくスタイル。一方、関西風は先ず牛脂で肉を焼き、砂糖・醤油を入れてしっかりと味を肉に絡めてから、白菜などの水分の多い野菜を入れていくスタイルです。

ただ、どちらとも主役は「牛肉」!当たり前ですが・・・。

野菜のエキスと醤油の香ばしさ。そして、砂糖の甘味をふんだんに吸収した牛肉!

そんなすき焼きには、後味に残ったすき焼き独特な甘さを中和してくれる、あっさりタイプのビールがおススメです。

そこで、飲んだ暮れ太郎がおススメする、すき焼きに合う黒(濃色)ビールがコレ!


穂高ビール アルト

| 長野県地ビール/穂高ビール アルト

ジャパン・アジアビアカップ 2011年で金賞に輝いたアルトビールです。

穂高の雪解け水を使った、上面発酵タイプ(エール)のビール。
本場、ドイツのデュッセルドルフで造られる伝統的なビールでもあります。
エールビールにしては、独特な香りや苦みが抑えられ、日本人好みのあっさりとした味わいが特徴的です。

甘さとコクのしっかりとしたすき焼きにも負けない、香りと苦み。
でも、主張し過ぎない喉越しは、まさにすき焼きの後味を中和してくれる地ビールではないでしょうか。
» 詳細を確認する

| 鶏のエキスと香ばしさを堪能!焼き鳥

焼き鳥に合う黒ビール!

焼き鳥。
仕事帰りの一杯!に欠かせない定番メニュー。

焼きたての焼き鳥をホクホクしながら頬張り、キンキンに冷えたビールを喉に流し込む!
あぁ~、もう堪りません♪

寒い冬場なら、アツアツに温まった熱燗をお猪口でぐびっと!
これも堪りません。

さて、肝心な「黒」ビールで考えますと、塩とタレでは少しニュアンスが変わってきます。

あっさり系の塩焼きは、肉汁の旨さと皮目の芳ばしさをストレートで楽しむ一品。
ならば、やはりココはのど越しガツン!の後味スッキリ系のビールがおススメ♪

またタレ焼きの場合は、濃厚な甘みと香ばしさに負けない、芳醇な香りと苦みが効いたビールが最適!

しかぁ~し!ここは敢えてどちらにも合う「黒」ビールをご紹介したいと思います。

そこで飲んだ暮れ太郎がおススメする、焼き鳥に合う黒(濃色)ビールがコレ!


沖縄県地ビール/石垣島の黒ビール

| 沖縄県地ビール/石垣島の黒ビール

日本最南端の地ビール会社が醸造する黒ビール。

本格的なドイツの醸造方法に基づき、超~新鮮な酵母入りビールを造ってます。

この黒ビール。その特徴は、主張し過ぎないと言う点!
色は濃い琥珀色。香りも苦みと甘さのバランスが絶妙!でも、若干抑えられた感じが日本人好みの味わいとなっています。

更に、のど越しはこれまたドライ感を味わえるピリッとした後味が特徴!
まさに、焼き鳥の味を邪魔しない地ビールと言えます。
» 詳細を確認する


黒ビール.com コンテンツ一覧

黒ビールはどこがルーツ
ビールの歴史はどこから始まったのか
そんな疑問にお答えします

ラガービールの誕生
ラガービールが生まれたのは、15世紀ドイツのミュンヘン(バイエルン地方)でその産声を上げました

日本人とビールとの出会い
日本人とビールとの出会い。日本のビールの歴史はいったい何処から始まったのか

ビール純粋令
1516年、ドイツのバイエルン(当時バイエルン公国)、ヴィルヘルム4世(在位1508年~1550年)によって制定

ビールの基本は2種類
ビールの基本は2種類。ビールの種類はどれ位あるのか

ランビック(自然発酵)
ランビック(自然発酵)は自然の酵母で出来たベルギービールならではの変わったビールです

ビールに使われる麦とは
ビールに使われる麦芽(モルト)は、どんな麦で焙燥されるのでしょうか

なぜ麦芽でビールを造るのか
なぜ麦芽(モルト)にしてからビールを造るのか
ベースモルトは基本
ビールにとって麦芽(モルト)は主原料であり、ビールの土台を担うのがこのベースモルト

ビールの色を決めるモルト
ビールの色を決めるモルト(麦芽)。ビールに様々見られる色合いは一体どのように創られるのか

ビールのために生まれて きたような植物
ホップの役割とは?ホップの働きには一体どのようなものがあるのか。苦味や香り、そして泡

泡持ちの良さ
ホップの役割として大切なのが泡を創るということ。ビールにとって欠かせない泡はどのように出来るのか

大事な香り付け
ホップの役割で大切なものに香りがあります。ビール独特なあの香りはどのように造られるのか

ビールの決め手!それは苦味
ビールにとって大切な味。それは苦味。その苦味はホップによって造り出されます

酵母の種類
アルコール発酵を促す酵母は幾つかあります。ワイン酵母、清酒酵母、ウィスキー酵母など・・・

酵母の働き
ビール酵母は、ビール造りにだけ使われているわけではありません


Copyright(c) 黒ビール.com. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com