黒ビールの美味しさを伝える専門サイト

ビール酵母はサプリメントとしての働きも

ビール酵母の働き・作用


ビール造りにおけるビール酵母の働き

健康面から見たビール酵母の魅力をご紹介する前に、先ずは、ビール醸造におけるビール酵母の働きをご紹介します。

ビール造りにおける酵母の働きは、糖を消化しアルコールと炭酸ガスを排出します。
その他、ビールに微妙な香味を付け加えたり味にもコクを与えます。

酵母を投入するタイミングですが、麦汁を煮沸したのち発酵タンクに移されてから入れられます。しかし、この段階ではすぐに発酵は起こりません。

約一日かけ麦汁内の酸素を吸収し、増殖を繰り返してから糖を消化し発酵作業が始まります。

この工程は約一週間程続き、その後消化する糖がなくなった段階で温度が下げられ、酵母の動きを止めて終了します。

この時ラガー酵母ならば槽の底に沈殿し、エール酵母なら表面に浮いてきます。


ビール酵母は最強のサプリメント!

ビール酵母は栄養満点

ビール酵母は、ビール造りにだけ使われているわけではありません。
多くの栄養補助剤(ビール酵母入りサプリメント)や調味料としても利用されています。

何故なら、このビール酵母の中には多種多様な栄養素が含まれているからです。
例えば代表的なもので言うと、18種類にも及ぶアミノ酸が挙げられます。

通常、人間に必要なアミノ酸は20種類で、その内9種類は体内で作り出すことが出来ません。しかし、ビール酵母はそのほとんどをカバーしてくれます。

その他ビタミン群が9種類、ミネラル11種類、それに植物繊維も豊富に含まれているのでこれらは栄養補助剤、特にダイエットをされている方には強い味方となります。

ダイエット中どうしても食事を制限して栄養不足となり、それによる胃の粘膜細胞の形成が衰えてしまい体調を崩してしまいがちになります。

そこでこのビール酵母を摂取することにより、アルファー酸や核酸といったものが胃の粘膜を造る手助けとなり、これらを補ってくれるのです。

しかし、バランスの取れた食事と適度な運動とを併用して使うという事は言うまでもありません。

その他このビール酵母には、味にコクをもたらすという意味で多くの調味料の中にも含まれ利用されています。

ビール酵母の気になる栄養素

ビール酵母は天然のサプリメント

ビール酵母の50%はアミノ酸

アミノ酸は、たんぱく質を作り出す元となる栄養素です。
このアミノ酸が結合する事によりたんぱく質が生成され、筋肉を作り出し、疲労回復にも働きかけます。


多くのビタミンB群

体内に取り入れた栄養素をエネルギーへと変換してくれるのが、ビタミンB群。
疲労回復・免疫力の強化・新陳代謝の活性化など、体調管理に欠かせない働きがあります。
ビール酵母に含まれているビタミンB群は、B1・B2・B3・B6・B12・パントテン酸・ニコチン酸・葉酸などです。


美と健康に欠かせない食物繊維

ビール酵母には、2種類の食物繊維が含まれています。マンナンとグルカンです。
ご存じのように食物繊維は整腸作用に優れ、便秘の改善の他、栄養の吸収スピードを抑え、血糖値の上昇を防ぐ働きもあります。


体内で作り出せないミネラルが豊富

ビール酵母には、カルシウム、コバルト、クロミウム、鉄、マグネシウム、マンガン、モリブデン、リン、カリウム、セレニウム、ケイ素、ナトリウム、亜鉛など多くのミネラル群が含まれています。
特に、塩分の代謝や利尿作用があるカリウムが豊富に含まれ、天然のサプリメントと言えます。


お肌もケア!抗酸化作用

体のサビの原因でもある活性酸素を除去する、「グルタチオン」と言う抗酸化物質を含んでいます。
アンチエイジングには欠かせないモノです。

黒ビール.com コンテンツ一覧

黒ビールはどこがルーツ
ビールの歴史はどこから始まったのか
そんな疑問にお答えします

ラガービールの誕生
ラガービールが生まれたのは、15世紀ドイツのミュンヘン(バイエルン地方)でその産声を上げました

日本人とビールとの出会い
日本人とビールとの出会い。日本のビールの歴史はいったい何処から始まったのか

ビール純粋令
1516年、ドイツのバイエルン(当時バイエルン公国)、ヴィルヘルム4世(在位1508年~1550年)によって制定

ビールの基本は2種類
ビールの基本は2種類。ビールの種類はどれ位あるのか

ランビック(自然発酵)
ランビック(自然発酵)は自然の酵母で出来たベルギービールならではの変わったビールです

ビールに使われる麦とは
ビールに使われる麦芽(モルト)は、どんな麦で焙燥されるのでしょうか

なぜ麦芽でビールを造るのか
なぜ麦芽(モルト)にしてからビールを造るのか
ベースモルトは基本
ビールにとって麦芽(モルト)は主原料であり、ビールの土台を担うのがこのベースモルト

ビールの色を決めるモルト
ビールの色を決めるモルト(麦芽)。ビールに様々見られる色合いは一体どのように創られるのか

ビールのために生まれて きたような植物
ホップの役割とは?ホップの働きには一体どのようなものがあるのか。苦味や香り、そして泡

泡持ちの良さ
ホップの役割として大切なのが泡を創るということ。ビールにとって欠かせない泡はどのように出来るのか

大事な香り付け
ホップの役割で大切なものに香りがあります。ビール独特なあの香りはどのように造られるのか

ビールの決め手!それは苦味
ビールにとって大切な味。それは苦味。その苦味はホップによって造り出されます

酵母の種類
アルコール発酵を促す酵母は幾つかあります。ワイン酵母、清酒酵母、ウィスキー酵母など・・・

酵母の働き
ビール酵母は、ビール造りにだけ使われているわけではありません


Copyright(c) 黒ビール.com. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com