黒ビールの美味しさを伝える専門サイト

黒ビールってカロリーが多そう!太らない?

黒ビールって、やっぱりカロリー高いの?


黒ビールはホントにカロリーが高いのか

「黒ビール」。確かに、あの真っ黒な色合いからイメージされるのは、「味が濃い=カロリーが高い!」と言った印象ではないでしょうか。

でも、実際のところはどうなのでしょう?

その前に、黒ビールと言っても様々なタイプがあり、それぞれ使われている原材料・副原料、そして配合されている分量によっても違いがあるという事です。
だから、黒ビール一括りで考えてしまうのはチョッと難しいのも事実です。

それに、ここで言う『カロリー』にも少し違いがあります。
たぶん皆さんが想像されているのは、「カロリー=太る」というイメージではないでしょうか。

確かに、甘さを感じられる黒ビールの中には、分解されずに残った糖質があります。
この糖質は、運動などによって消費されなければ脂肪という形で身体に残ってしまいます。

これが、皆さんが一般的にイメージされている「カロリー」ではないでしょうか。

しかしもう一方、アルコールが高いとカロリーも高くなるという原因もあります。

こちらの方は、身体の中で分解(主に肝臓によって)されるので、身体には残りません。
そう、太る原因とはならないのです!

残る糖質?アルコール?

アルコールが出来るメカニズムに関してはコチラに詳しく記載しておりますが、要するにビールを醸造する段階において、麦芽の比率に違いがあるということです。

麦芽は、酵母がアルコール分解し易いように糖化されたモノです。
ここに含まれる糖質の量が多いほど、酵母に消化されずに残ってしまいます。

これがビールの甘さを生み出し、「カロリーが高い」と言われるビールとなるのです。

またもう一方、酵母の働きを活発にしてやり糖質をより多く消化してやれば、アルコールが高く糖質の少ないビールが出来上がります。

よってコチラの方は、身体に残るカロリーが少ないビールと言えます。


苦味のキツイ黒ビールはカロリーが低いの?色の濃いビールは?

ビールの色に関しては、コチラに記載しています。

あの真っ黒な色は、麦芽をローストすることにより造られます。
したがって、麦芽本来の糖化力は失われ、カロリーの元となる糖質がほとんど存在しません。

だから、色の濃いビールがカロリーが高いと言う考えは、あまり関係無いということです。

そして苦味のキツイ黒ビールに関しては、甘さが感じられないからカロリーが低いのでは?とお考えの方も多いかと思います。

これも少し違うように思われます。
と言うのも、ビールの苦味はコチラでも記載していますが、ホップによって後付けされたモノだからです。

という事は、甘み(糖質が残っている)のあるビールに苦味のあるホップをより多く加えてやれば、甘みが薄れビター感のあるビールとなります。

しかし、実際は糖質が多くふくまれているので、これもカロリーが高いビールという事になります。


結論!

色の濃いビール(黒ビール)だからといって、決してカロリーが高いビールとは言えないという事です。

ピルスナーのような淡い黄金色のビールでも、糖質が分解されずに残っていれば、高カロリーのビールとなるのです。

購入される場合は、成分表示(特に糖質)をしっかりと確認した上で見極めて下さい。

しかし残念ながら、輸入ビールなどにはそんな丁寧な記載がされていません。
なので、一か八かで行くか、カロリーの事は忘れて楽しんで飲んで頂きたいと思います。


黒ビールのカロリーは、どの位の運動量で消費できるの?

黒ビールのカロリーを消費する!

一般的な黒ビール1缶(350ml)のカロリー「163kcal」を消費する運動量を記載しています。
*参照元:カロリー Slism

黒ビール.com コンテンツ一覧

黒ビールはどこがルーツ
ビールの歴史はどこから始まったのか
そんな疑問にお答えします

ラガービールの誕生
ラガービールが生まれたのは、15世紀ドイツのミュンヘン(バイエルン地方)でその産声を上げました

日本人とビールとの出会い
日本人とビールとの出会い。日本のビールの歴史はいったい何処から始まったのか

ビール純粋令
1516年、ドイツのバイエルン(当時バイエルン公国)、ヴィルヘルム4世(在位1508年~1550年)によって制定

ビールの基本は2種類
ビールの基本は2種類。ビールの種類はどれ位あるのか

ランビック(自然発酵)
ランビック(自然発酵)は自然の酵母で出来たベルギービールならではの変わったビールです

ビールに使われる麦とは
ビールに使われる麦芽(モルト)は、どんな麦で焙燥されるのでしょうか

なぜ麦芽でビールを造るのか
なぜ麦芽(モルト)にしてからビールを造るのか
ベースモルトは基本
ビールにとって麦芽(モルト)は主原料であり、ビールの土台を担うのがこのベースモルト

ビールの色を決めるモルト
ビールの色を決めるモルト(麦芽)。ビールに様々見られる色合いは一体どのように創られるのか

ビールのために生まれて きたような植物
ホップの役割とは?ホップの働きには一体どのようなものがあるのか。苦味や香り、そして泡

泡持ちの良さ
ホップの役割として大切なのが泡を創るということ。ビールにとって欠かせない泡はどのように出来るのか

大事な香り付け
ホップの役割で大切なものに香りがあります。ビール独特なあの香りはどのように造られるのか

ビールの決め手!それは苦味
ビールにとって大切な味。それは苦味。その苦味はホップによって造り出されます

酵母の種類
アルコール発酵を促す酵母は幾つかあります。ワイン酵母、清酒酵母、ウィスキー酵母など・・・

酵母の働き
ビール酵母は、ビール造りにだけ使われているわけではありません


Copyright(c) 黒ビール.com. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com