黒ビールの美味しさを伝える専門サイト

日本人とビールの出会い
日本の国産ビールはどのように誕生したのか

日本人にとって始めてのビール醸造


日本人とビールとの出会い

日本人が始めてビールに出会ったのは、1812年(文化9年)頃。
長崎出島のオランダ商館長「ヘンドリック・ドゥーフ」が醸造したビールだと言われています。

この頃の日本人は、ビールに興味があると言うよりも、西洋文化に少しでも触れたいと言う思いで試していたのかもしれません。

その後、1853年(嘉永6年)に日本人で始めてのビール醸造を行った人物が登場します。それが三田藩(現在の兵庫県三田市)の蘭学者、川本幸民です。

当時日本は鎖国時代であり、そんな中ペリーの黒船来航も合間って幕府も庶民も一種のカルチャーショックに陥りました。
ペリーなどは怪物紛いに思われ、異国には「適わない」と言う風潮が広まっていた時代です。

そんな折、川本幸民は蘭学書からビールの醸造法を学び取り、自ら茅場町の自宅でビール造りを行い始めました。

そして、蘭学者仲間や周りの人々に振舞って「我々でも作り方さえ解れば何でも出来る!」と、異国に対しての恐れを掻き消す目的で行ったようです。

しかし、現在では日本のビール造りの祖であり、キリンビールでは「コウミビール」として、川本幸民が残した「化学新書」に記載されているその当時のビールを復元しています。


天沼のビアセケ

日本で始めてのビール会社は、1869年にドイツ系アメリカ人、ウィリアム・コープランドによって横浜で開業しました。

天沼という池の側で醸造所(スプリング・バレー・ブルワリー)を建設し、そこから出る湧水を利用してビール造りを試験的に行っていました。

このビールは、横浜に多く駐留していた外国人によく飲まれ、「天沼のビアサケ」として親しまれていたようです。

しかし、1885年(明治18年)に経営不振に陥り、「ジャパンブルワリー」という欧米会社に引き継がれ、その後明治21年、キリンビールとして明治屋から発売されるようになったのです。

ついに国産ビールの誕生

明治時代に入ると様々な国からビールが輸入され、日本政府は独自でビール造りを行えないかと模索し始めます。

そこで、欧州や欧米の文化視察も果ね、ビール醸造技術を調査し始める事となるのです。

そして、1876年に未開の地であった北海道で公営として札幌冷製麦酒が造られ、その後民間に買い取られて「札幌麦酒株式会社(現在のサッポロビール)」が誕生するのです。

1889年には、大阪でも財界人によって「大阪麦酒株式会社」が設立され、今日のアサヒビールが誕生します。

明治20年には、「日本麦酒株式会社(エビスビール)」が東京の恵比寿に設立されましたが、札幌麦酒が東京へ進出して来た為、日本麦酒は窮地に追い込まれます。

しかし、三井物産の馬越恭平氏により政府を動かし、大手3社(札幌、大阪、日本)を統合させるように持って行き、日本最大の「大日本麦酒株式会社」が誕生したのです。

その後2度の大きな大戦を乗り越え、日本のビール会社がキリンと大日本麦酒だけであったことをアメリカ政府は危惧し、昭和24年、大日本麦酒をサッポロビールとアサヒビールに分け、大手3社のビール会社が誕生しました。

その後、蒸留酒製造を行っていたサントリーが昭和39年にビール業界へ参入し、現在のBig4が誕生するのです。

黒ビール.com コンテンツ一覧

黒ビールはどこがルーツ
ビールの歴史はどこから始まったのか
そんな疑問にお答えします

ラガービールの誕生
ラガービールが生まれたのは、15世紀ドイツのミュンヘン(バイエルン地方)でその産声を上げました

日本人とビールとの出会い
日本人とビールとの出会い。日本のビールの歴史はいったい何処から始まったのか

ビール純粋令
1516年、ドイツのバイエルン(当時バイエルン公国)、ヴィルヘルム4世(在位1508年~1550年)によって制定

ビールの基本は2種類
ビールの基本は2種類。ビールの種類はどれ位あるのか

ランビック(自然発酵)
ランビック(自然発酵)は自然の酵母で出来たベルギービールならではの変わったビールです

ビールに使われる麦とは
ビールに使われる麦芽(モルト)は、どんな麦で焙燥されるのでしょうか

なぜ麦芽でビールを造るのか
なぜ麦芽(モルト)にしてからビールを造るのか
ベースモルトは基本
ビールにとって麦芽(モルト)は主原料であり、ビールの土台を担うのがこのベースモルト

ビールの色を決めるモルト
ビールの色を決めるモルト(麦芽)。ビールに様々見られる色合いは一体どのように創られるのか

ビールのために生まれて きたような植物
ホップの役割とは?ホップの働きには一体どのようなものがあるのか。苦味や香り、そして泡

泡持ちの良さ
ホップの役割として大切なのが泡を創るということ。ビールにとって欠かせない泡はどのように出来るのか

大事な香り付け
ホップの役割で大切なものに香りがあります。ビール独特なあの香りはどのように造られるのか

ビールの決め手!それは苦味
ビールにとって大切な味。それは苦味。その苦味はホップによって造り出されます

酵母の種類
アルコール発酵を促す酵母は幾つかあります。ワイン酵母、清酒酵母、ウィスキー酵母など・・・

酵母の働き
ビール酵母は、ビール造りにだけ使われているわけではありません


Copyright(c) 黒ビール.com. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com