黒ビールの美味しさを伝える専門サイト

富山県の地ビールをご紹介

富山県の地ビール:日本国内 地ビールマップ

富山県地ビール

城端麦酒 一言
富山県の山のふもとで豊かな自然に囲まれた城端。城端麦酒は、天然のミネラルを豊富に含んだ美味しい水によって、ここでしかできない本物の味を生みだしています 。

使われている原料は、イギリス産の麦100%のエキスを使用し、爽やかでフルーティーな味わいはビールが苦手な人でも美味しく飲んで頂けます。

城端麦酒

» 会社名:城端麦酒(有)
» URL:http://www.jo-beer.com/
» 住所:富山県南砺市細野340
» Tel:0763-62-2283
» 営業時間:-
» 休日:-

立山エール 一言
麦芽エキストラクト(麦芽を糖化してシロップ状にしたもの)とバーレイシロップ(大麦を麦芽で糖化してシロップ状にしたもの)を併せた原料は、麦100%のこだわりぬかれたモノに!
また、ホールホップ(粉砕していないホップ)を贅沢に使用し、立山を象徴する剣岳を源にする伏流水を使用しています。

炭酸ガスを加えない無ろ過の瓶内醗酵熟成という方式をとっていますので、やや濁りがあり炭酸ガス圧がやや高めですが、その分いつまでも消えない泡と熟成したコクのある味、そして賞味期限が長いのが特長です。

立山エール

» 会社名:北陸発酵工業株式会社
» URL:http://hh-web.ftw.jp/
» 住所:富山県滑川市浜四ツ屋111-乙
» Tel:076-475-0137
» 営業時間:通信販売を行っています
» 休日:-

宇奈月ビール 一言
宇奈月ビールは、標高3千メートル級の山々から流れ落ちる黒部川の名水と、地元宇奈月の大地の恵みをふんだんに受けた「黒部産二条麦」を原料とし、一般のビールには含有されていない酵母が活きています。

醸造は、本場ドイツからブラウマイスター(ビール醸造責任者)を招き、伝統の技術で愛情を込めて生産しています。
種類は、キレのある十字峡(ケルシュ)、フルーティなトロッコ(アルト)、芳醇なカモシカ(ボック)と、3種類ございますが、トロッコとカモシカをハーフ&ハーフでいただくなど4種類以上の味をお楽しみいただけます。

宇奈月ビール

» 会社名:宇奈月ビール株式会社
» URL:http://www.unazuki-beer.jp/
» 住所:富山県黒部市宇奈月町下立687
» Tel:0765-65-2277
» 営業時間:■レストラン営業時間
10:00~21:00 ラストオーダー 20:30 (営業時間は季節等により若干変更する場合がございます)
» 休日:-

日本国内 地ビールマップ


黒ビール.com コンテンツ一覧

黒ビールはどこがルーツ
ビールの歴史はどこから始まったのか
そんな疑問にお答えします

ラガービールの誕生
ラガービールが生まれたのは、15世紀ドイツのミュンヘン(バイエルン地方)でその産声を上げました

日本人とビールとの出会い
日本人とビールとの出会い。日本のビールの歴史はいったい何処から始まったのか

ビール純粋令
1516年、ドイツのバイエルン(当時バイエルン公国)、ヴィルヘルム4世(在位1508年~1550年)によって制定

ビールの基本は2種類
ビールの基本は2種類。ビールの種類はどれ位あるのか

ランビック(自然発酵)
ランビック(自然発酵)は自然の酵母で出来たベルギービールならではの変わったビールです

ビールに使われる麦とは
ビールに使われる麦芽(モルト)は、どんな麦で焙燥されるのでしょうか

なぜ麦芽でビールを造るのか
なぜ麦芽(モルト)にしてからビールを造るのか
ベースモルトは基本
ビールにとって麦芽(モルト)は主原料であり、ビールの土台を担うのがこのベースモルト

ビールの色を決めるモルト
ビールの色を決めるモルト(麦芽)。ビールに様々見られる色合いは一体どのように創られるのか

ビールのために生まれて きたような植物
ホップの役割とは?ホップの働きには一体どのようなものがあるのか。苦味や香り、そして泡

泡持ちの良さ
ホップの役割として大切なのが泡を創るということ。ビールにとって欠かせない泡はどのように出来るのか

大事な香り付け
ホップの役割で大切なものに香りがあります。ビール独特なあの香りはどのように造られるのか

ビールの決め手!それは苦味
ビールにとって大切な味。それは苦味。その苦味はホップによって造り出されます

酵母の種類
アルコール発酵を促す酵母は幾つかあります。ワイン酵母、清酒酵母、ウィスキー酵母など・・・

酵母の働き
ビール酵母は、ビール造りにだけ使われているわけではありません
Copyright(c) 黒ビール.com. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com