2017年 父の日 厳選ビール

黒ビール.comがオススメする
お父さんの為のビール

2017年はチョッと贅沢な本場のビールを父の日に♪


父の日のプレゼントにこだわりのビールを!

2017年の父の日は、6月18日(日)です!

今年の父の日は、是非ビールで乾杯を!
仕事帰りの一杯。お父さんにとっては至福の時間!

しかし、そのビール。本当にビールなのでしょうか?・・・そう!発泡酒や第3のビールと言われるリキュールでは?

家計の為に我慢しているお父さん。だからこそ、父の日には本物のビールを飲んでもらいたいところです!

そこで当サイト「黒ビール.com」では、管理人自らが飲んで驚きと感動を味わったこだわりのビールをご紹介したいと思います。

どれも、普段飲んでいるビールとは一味も二味も違います!
まさに、真のビールワールド?を堪能出来るモノばかり!

是非、父の日のプレゼントに贈ってあげて下さい。

黒ビール.comがオススメする父の日のビール

シュレンケルラ ラオホビア ヴァイツェン

ドイツビール/シュレンケルラ ラオホビア ヴァイツェン

ラオホビア(英語でスモークドビア)は、名前の通り麦芽をスモーク(燻す)することにより、芳ばしい香りをメルツェンビールに付け加えたドイツビールです。
燻製独特な香りと、フルーティーな柑橘系の甘さのバランスが絶妙!普段味わえないビールを、是非お父さんに堪能してもらって下さい♪
» 詳細を確認する

セント・ベルナルディスアプト12

ベルギービール/セント・ベルナルディスアプト12

高いアルコール度数からくる独特な香り!バナナやオレンジなどの果実系の印象の中に、黒砂糖の様な甘さも感じられ、飲み応え十分なコク(フルボディ)を堪能出来ます♪

ワンランク上のビールをプレゼントするなら、このセント・ベルナルディスアプト12で決まりです!
» 詳細を確認する

アンカースチームビール

アメリカビール/アンカースチームビール

高めの発酵温度(16℃~20℃)で醸造されるアンカースチームビール。そのため、炭酸ガスが異常に多く生成され、蓋を開けた時には蒸気のように噴出したことからこの名前が付いたようです。

アメリカ開拓時代の精神を受け継いだマイクロブルワリーの味わい。是非、社会で戦っているお父さんにプレゼントして挙げて下さい!
» 詳細を確認する

山口地ビール スタウト

山口県の地ビール/山口地ビール スタウト

ロースト麦芽を5種類も原料に使用し、独特の苦みと香ばしさを表現したスタウト。
しかし、従来のスタウトよりものど越しがドライで、後味もラガービールに似た日本人好みの味わいに仕上がっています。

Made in Japanのこだわりの地ビールを是非、父の日のプレゼントに!スタウトとしては飲み易いので、美味しく飲んで頂けると思います。
» 詳細を確認する


黒ビール.com コンテンツ一覧

黒ビールはどこがルーツ
ビールの歴史はどこから始まったのか
そんな疑問にお答えします

ラガービールの誕生
ラガービールが生まれたのは、15世紀ドイツのミュンヘン(バイエルン地方)でその産声を上げました

日本人とビールとの出会い
日本人とビールとの出会い。日本のビールの歴史はいったい何処から始まったのか

ビール純粋令
1516年、ドイツのバイエルン(当時バイエルン公国)、ヴィルヘルム4世(在位1508年~1550年)によって制定

ビールの基本は2種類
ビールの基本は2種類。ビールの種類はどれ位あるのか

ランビック(自然発酵)
ランビック(自然発酵)は自然の酵母で出来たベルギービールならではの変わったビールです

ビールに使われる麦とは
ビールに使われる麦芽(モルト)は、どんな麦で焙燥されるのでしょうか

なぜ麦芽でビールを造るのか
なぜ麦芽(モルト)にしてからビールを造るのか
ベースモルトは基本
ビールにとって麦芽(モルト)は主原料であり、ビールの土台を担うのがこのベースモルト

ビールの色を決めるモルト
ビールの色を決めるモルト(麦芽)。ビールに様々見られる色合いは一体どのように創られるのか

ビールのために生まれて きたような植物
ホップの役割とは?ホップの働きには一体どのようなものがあるのか。苦味や香り、そして泡

泡持ちの良さ
ホップの役割として大切なのが泡を創るということ。ビールにとって欠かせない泡はどのように出来るのか

大事な香り付け
ホップの役割で大切なものに香りがあります。ビール独特なあの香りはどのように造られるのか

ビールの決め手!それは苦味
ビールにとって大切な味。それは苦味。その苦味はホップによって造り出されます

酵母の種類
アルコール発酵を促す酵母は幾つかあります。ワイン酵母、清酒酵母、ウィスキー酵母など・・・

酵母の働き
ビール酵母は、ビール造りにだけ使われているわけではありません


Copyright(c) 黒ビール.com. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com