黒ビールの美味しさを伝える専門サイト

イギリス/アイルランドのエールビールは
スタウトやポーターだけではない!

イギリスビール/アイルランドのエールビール


イギリスのビール

パブ文化の発祥の地であり、エールタイプ(上面醗酵)のビールが主流であるイギリス。そしてアイルランド。

日本では、余り馴染みが無いエールビール。普段我々が飲んでいる国産のビールは、殆どがラガータイプ(下面発酵)のビール。
その為、ビールと言えば、よく冷やして一気に飲むのが定番!
ビール=喉越しを味わう、と言っても過言ではないのではないでしょうか。

しかし、その正反対にあるのが、このエールビールなんです。

幾度と常温で飲まれるこのタイプのビールは、主に樽詰めにされ、パブなどの地下室で二次発酵させます。

その期間は約1週間ほど。
そう!短期間で醸造できるのも、このビールの特徴なんです。

ただ、最初にこのエールを口にすると、余り美味しさが感じられないのも事実。

何とも歯切れの悪い?と言いますか、日本人好みのパンチの効いたドライ感が感じられず、また、冷やして飲まないという点がチョッと抵抗感を感じるようで・・・。

しかしこのエールの良さは、飲み続ける事によって解る奥深さ?にあるようです。
よく言われいるのが、3杯目から旨さを感じるビールなのだとか・・・。

確かに、アイルランドのスタウトも余り切れのあるビールだとは言えません。
しかし病み付きになり、愛飲してらっしゃる方が多いのがその証拠!

どうでしょう? 本格的にエールビールに挑戦してみては如何でしょうか?


黒ビール.comがお勧めする「イギリスビール」一覧

トラクエア・ハウスエール/Traquair House Ale

トラクエア・ハウスエール/Traquair House Ale
ストロングスコティッシュエールと呼ばれアルコール度は7%以上もあり、ワインの様に熟成した深みのある味わい。賞味期限は10年に設定!・・・

オールド ペキュリア/Old Peculier

オールド ペキュリア/Old Peculier
イギリスのオールドビールの代表格、それがオールド ペキュリア:フルボディ、ミルクチョコレートの様な甘い香り、そして後味は辛味も感じられる特別なビール・・・

アボットエール/Abbot Ale

アボットエール/Abbot Ale
ペールエールモルトの香りがほのかにして、ビタリングホップの苦味と辛さがアクセントとなり、後味を残す仕上がりとなっています・・・

ヤングオートミールスタウト/Young's Oatmeal Stout

ヤングオートミールスタウト/Young's Oatmeal Stout
イギリスのオートミールスタウトの代表格:香ばしいモルトの香りとクリーミーな泡、そしてホンノリ甘みも感じられるスタウト!・・・

オールドスペクルドヘン/Old Speckled Hen

オールドスペクルドヘン/Old Speckled Hen
イギリスのペールエールと言えばコレ!ペールエールモルトを基本に、クリスタルモルトで色付けされ深みのある色合いで、キャラメル風味がアクセント!・・・

ニューキャッスル ブラウンエール/Newcastle Brown Ale

ニューキャッスル ブラウンエール/Newcastle Brown Ale
イギリスで最も人気のある瓶ビール「ニューキャッスルブラウンエール」。通常のブラウンエールようりもやや明るく、苦味が少なく甘みのあるが特徴・・・

ヤング オールドニック/Young's Old Nick

ヤング オールドニック/Young's Old Nick
ワインの様にじっくり味わうヤング オールドニック。バナナの様な香りも楽しめるバーレーワイン・・・

黒ビール.com コンテンツ一覧

黒ビールはどこがルーツ
ビールの歴史はどこから始まったのか
そんな疑問にお答えします

ラガービールの誕生
ラガービールが生まれたのは、15世紀ドイツのミュンヘン(バイエルン地方)でその産声を上げました

日本人とビールとの出会い
日本人とビールとの出会い。日本のビールの歴史はいったい何処から始まったのか

ビール純粋令
1516年、ドイツのバイエルン(当時バイエルン公国)、ヴィルヘルム4世(在位1508年~1550年)によって制定

ビールの基本は2種類
ビールの基本は2種類。ビールの種類はどれ位あるのか

ランビック(自然発酵)
ランビック(自然発酵)は自然の酵母で出来たイギリスビールならではの変わったビールです

ビールに使われる麦とは
ビールに使われる麦芽(モルト)は、どんな麦で焙燥されるのでしょうか

なぜ麦芽でビールを造るのか
なぜ麦芽(モルト)にしてからビールを造るのか
ベースモルトは基本
ビールにとって麦芽(モルト)は主原料であり、ビールの土台を担うのがこのベースモルト

ビールの色を決めるモルト
ビールの色を決めるモルト(麦芽)。ビールに様々見られる色合いは一体どのように創られるのか

ビールのために生まれて きたような植物
ホップの役割とは?ホップの働きには一体どのようなものがあるのか。苦味や香り、そして泡

泡持ちの良さ
ホップの役割として大切なのが泡を創るということ。ビールにとって欠かせない泡はどのように出来るのか

大事な香り付け
ホップの役割で大切なものに香りがあります。ビール独特なあの香りはどのように造られるのか

ビールの決め手!それは苦味
ビールにとって大切な味。それは苦味。その苦味はホップによって造り出されます

酵母の種類
アルコール発酵を促す酵母は幾つかあります。ワイン酵母、清酒酵母、ウィスキー酵母など・・・

酵母の働き
ビール酵母は、ビール造りにだけ使われているわけではありません


Copyright(c) 黒ビール.com. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com