黒ビールの美味しさをカクテルと共に伝える

黒ビールを使った代表的なカクテル
スタウトとシャンパンのコラボ♪

黒ビール.com » 黒ビールのカクテル » ブラック・ベルベット

ブラック・ベルベット/Black Velvet


ブラック・ベルベット/Black Velvet
カクテル名 ブラック・ベルベット/Black Velvet
カクテルタイプ ショート
グラス ゴブレット or シャンパングラス(フルート)
製法 ビルド
材料 スタウト・ビール(もしくわ黒ビール)・シャンパン(又はスパークリング・ワイン)
TPO オール
アルコール度数 約9%
テイスト 中口

» ブラック・ベルベットの特徴
麦芽の芳ばしい香りとシャンパンの柑橘系の爽やかさが想像以上にマッチした味わい♪
スタウト特有の苦さは抑えられ、甘さと滑らかな口当たりが黒ビールを敬遠していた人達にもオススメのカクテルと言えます。

因みに名前の由来ともなっているのが、ベルベットの様なしっとりとしたキメの細かい感覚を髣髴とさせる泡立ち!アルコール度数も低めで見ているだけで楽しめるカクテルです♪

ブラック・ベルベット/Black Velvetを作ってみた

さて、ヨーロッパではその歴史が結構古いと言われているこのブラック・ベルベット。
19世紀末頃から愛飲されていたようで、ビールのベースカクテルとしては有名カクテルのようです。

と言うわけで、2種類のアイテムさえあれば簡単に出来てしまうと言うこともあり、早速試してみることに!

しかし、ここで問題がぁ!普段ビール以外飲まない私としては、これ程までにシャンパンが高価な存在だったとは知りませんでしたぁ。

カクテル作りも初っ端から諦めるか・・・と思っていた時に、真横にスパークリング・ワインのこの小瓶を見つけたのでありました!

レシピにもスパークリング・ワインで代用可能との記載があったので、丁度良かったです。

因みに値段は¥435(税込)。しつこいですが、200mlで¥435(税込)・・・。(辛口が合うという事なのでこのワインをチョイスしました。)
第3のビールで馴れてしまっている立場から申しますと、これでも非常に高価なセレブ価格。相当味わって飲まなければペイ出来ません!

そして、スタウトの方も奮発して「ギネス・エクストラ」で勝負です。

さて、家に帰ってから両者を冷蔵庫に掘り込み、早速カクテル作りに挑戦です!

ブラック・ベルベット/Black Velvet


本来ならフルート型のシャンパングラスなんぞに注げば、雰囲気も味わえるのでしょうが、我が家にはそんな洒落たグラスは持ち合わせておりません。
という事で、唯一所持していたブルゴーニュ専用グラスで代用しております。

元々は、ゴブレット(タンブラーに脚のついたグラス)に直接ビルドして飲まれていたようなので、このグラスで良し!とします。
それにスタウトの香りを楽しむには、細いグラスより包み込むようなこのグラスの方が良いように感じられます。

実際、口を近づけると芳ばしく豊潤な香りが漂ってきました!

さて、入れ方に関しては諸説色々あるようですが、私の場合はスタウトを先ずグラスに注いでからスパークリングワインを入れました。
理由は、泡立ちを落ち着かせるため。

魅せる要素としましては、両サイドから同時にスタウトとシャンパンを注いでいく方法もあるようですが、誰に見せる訳でもなく自分がただ飲むだけなので・・・。

そして、注ぐ量と言いますと、スタウト1に対してシャンパン(スパークリング・ワイン)も1です。非常にシンプルです。

先ほども記載しましたが、スタウトは泡立ちが非常に活発な代物です。私の様に(上記の画像の様に)泡半分、液体半分なんて事にならないようにご注意下さい。

因みにワンポイントとして、シャンパン(スパークリング・ワイン)はしっかり冷やしておいて下さい。そしてスタウトは余り冷やし過ぎないように!本来常温に近い温度が適温とされているエールビールなので。

更に、ステアを軽く行うという例もあるようですが、注いだ時点でよく混ぜ合わさっているので私はしませんでした。

見た目は『黒』!スタウトの黒はホント墨の様な黒なので、少々のモノを混ぜ合わせても黒です。変化御座いません。
そして香りに関しても、あのインパクトのある独特な芳ばしさはそのままに、しかし柑橘系の爽やかな香りが仄かに感じられる非常に美味しそうな香りが漂っています。

そして肝心の味の方ですが、確かにスタウト特有の苦味がやや抑えられ、喉越しにはピリッとスパークリング・ワインの炭酸が感じられます。また、後味には仄かな柑橘系の甘さも顔を覗かせております。

ただ、やはりギネス・スタウトの強烈な味わいは残されておりますので、ビール好きな方にも受け入れられ易いカクテルと言えそうです。

個人的には、スタウトのインパクトが強いので甘めのロゼの方が良かったような気がします。
また辛口のシャンパンでいくのなら、ラガータイプの黒の方がもっと美味しく頂けそうな感じはしますが・・・。また今度試してみます。以上。


トソ プロセッコ スプマンテ/Toso Prosecco Spumante

トソ プロセッコ スプマンテ/Toso Prosecco Spumante

» 原産:イタリア/ピエモンテ
» スタイル:スパークリングワイン(ホワイト)
» アルコール度数:11%
» 品種:プロセッコ
» 容量:200ml
» 生産者:トソ

楽天市場でチェック
amazon.co.jpでチェック

黒ビール.com コンテンツ一覧

黒ビールはどこがルーツ
ビールの歴史はどこから始まったのか
そんな疑問にお答えします

ラガービールの誕生
ラガービールが生まれたのは、15世紀ドイツのミュンヘン(バイエルン地方)でその産声を上げました

日本人とビールとの出会い
日本人とビールとの出会い。日本のビールの歴史はいったい何処から始まったのか

ビール純粋令
1516年、ドイツのバイエルン(当時バイエルン公国)、ヴィルヘルム4世(在位1508年~1550年)によって制定

ビールの基本は2種類
ビールの基本は2種類。ビールの種類はどれ位あるのか

ランビック(自然発酵)
ランビック(自然発酵)は自然の酵母で出来たベルギービールならではの変わったビールです

ビールに使われる麦とは
ビールに使われる麦芽(モルト)は、どんな麦で焙燥されるのでしょうか

なぜ麦芽でビールを造るのか
なぜ麦芽(モルト)にしてからビールを造るのか
ベースモルトは基本
ビールにとって麦芽(モルト)は主原料であり、ビールの土台を担うのがこのベースモルト

ビールの色を決めるモルト
ビールの色を決めるモルト(麦芽)。ビールに様々見られる色合いは一体どのように創られるのか

ビールのために生まれて きたような植物
ホップの役割とは?ホップの働きには一体どのようなものがあるのか。苦味や香り、そして泡

泡持ちの良さ
ホップの役割として大切なのが泡を創るということ。ビールにとって欠かせない泡はどのように出来るのか

大事な香り付け
ホップの役割で大切なものに香りがあります。ビール独特なあの香りはどのように造られるのか

ビールの決め手!それは苦味
ビールにとって大切な味。それは苦味。その苦味はホップによって造り出されます

酵母の種類
アルコール発酵を促す酵母は幾つかあります。ワイン酵母、清酒酵母、ウィスキー酵母など・・・

酵母の働き
ビール酵母は、ビール造りにだけ使われているわけではありません


Copyright(c) 黒ビール.com. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com