黒ビールの美味しさを伝える専門サイト

貴方が飲んだ昨晩のビール。
どれ位で消化されるのか知っていますか?

アルコールの解毒時間をチェック!


貴方の飲んだビール。どれ位で分解される?

よく休肝日を設けろ!と聞きます。
その理由は皆さんもご存知の筈。肝臓が貴方の摂取したアルコールを解毒するのに、多少の時間が掛かってしまからです。

でも、その間隔を開けずに飲んでいると常に身体の中にアルコールが存在し、アルコール依存症の原因ともなってしまいます。

しかし、仕事終わりの一杯は何とも言えません!この為に働いているようなもの!
そんな方も多いのではないでしょうか。

でも長く美味しいビールを楽しむには、肝臓に負担を掛けずに飲む事を考えなくてはなりません。
そこで知っておきたいのが、実際飲んだお酒がどの位で解毒されるのかと言う事。

気になる方は、下の計算式で是非チェックしてみて下さい!
ビールの飲み方が少し変わってくるかもしれません。


早速、昨日飲んだビールがどれ位で解毒されるのかチェックしてみましょう!

*アルコール分解時間の計算式
・チャンポンした場合は、それぞれお酒の摂取量とアルコール度数を確認し、2番目の計算式でそれぞれの純アルコール量を計算します。

そして、それぞれの数値を合算し「1時間で分解できる純アルコール量」で割ってやると時間が算出されます。

アルコール分解時間の計算式

ビール解毒時間:体重75㎏の場合

飲んだ暮れ太郎さんは、晩酌の1本目に食前酒として【ドゥシャス デ・ブルゴーニュ】を堪能しました。
そして、グビッと系も行っておきたいという事で、【アサヒ スーパードライ ドライブラック】を味わいながらも一気に飲み干したのです。

今日のツマミは肉系だということで、独特な香りと甘味が絶妙な【シュレンケルラ ラオホビア デュンケル】でまったりと楽しんでおりました。
更に、ガツンっとくる『黒』を堪能したいという事で、【ケストリッツァー シュヴァルツビア】を用意。まさに真打登場です!

その後、食事が終わり飲みオンリーになった時点で、近所で買ってきた酒屋のPBビールを3本ほど飲み干して、その夜の晩酌は終了したのでありました。

さて、解毒時間は如何に!

■ 1時間で分解できる純アルコール量
»» 75kg×0.1=7.5g

ドゥシャス デ・ブルゴーニュ
アルコール度数6.2% / 容量330ml
»» 純アルコール量:330ml×(6.2%÷100)×0.8=16.368g
アサヒ スーパードライ ドライブラック
アルコール度数5.5% / 容量350ml
»» 純アルコール量:350ml×(5.5%÷100)×0.8=15.40g
シュレンケルラ ラオホビア デュンケル
アルコール度数5.1% / 容量500ml
»» 純アルコール量:500ml×(5.1%÷100)×0.8=20.40g
ケストリッツァー シュヴァルツビア
アルコール度数4.8% / 容量330ml
»» 純アルコール量:330ml×(4.8%÷100)×0.8=12.672g
◇ 酒屋のPBビール
アルコール度数4.0% / 容量350ml
»» 純アルコール量:350ml×3×(4.0%÷100)×0.8=33.60g

■ 総・純アルコール量【98.44g】÷7.5g=13.1253

アルコール分解時間:13時間12分53秒

黒ビール.com コンテンツ一覧

黒ビールはどこがルーツ
ビールの歴史はどこから始まったのか
そんな疑問にお答えします

ラガービールの誕生
ラガービールが生まれたのは、15世紀ドイツのミュンヘン(バイエルン地方)でその産声を上げました

日本人とビールとの出会い
日本人とビールとの出会い。日本のビールの歴史はいったい何処から始まったのか

ビール純粋令
1516年、ドイツのバイエルン(当時バイエルン公国)、ヴィルヘルム4世(在位1508年~1550年)によって制定

ビールの基本は2種類
ビールの基本は2種類。ビールの種類はどれ位あるのか

ランビック(自然発酵)
ランビック(自然発酵)は自然の酵母で出来たベルギービールならではの変わったビールです

ビールに使われる麦とは
ビールに使われる麦芽(モルト)は、どんな麦で焙燥されるのでしょうか

なぜ麦芽でビールを造るのか
なぜ麦芽(モルト)にしてからビールを造るのか
ベースモルトは基本
ビールにとって麦芽(モルト)は主原料であり、ビールの土台を担うのがこのベースモルト

ビールの色を決めるモルト
ビールの色を決めるモルト(麦芽)。ビールに様々見られる色合いは一体どのように創られるのか

ビールのために生まれて きたような植物
ホップの役割とは?ホップの働きには一体どのようなものがあるのか。苦味や香り、そして泡

泡持ちの良さ
ホップの役割として大切なのが泡を創るということ。ビールにとって欠かせない泡はどのように出来るのか

大事な香り付け
ホップの役割で大切なものに香りがあります。ビール独特なあの香りはどのように造られるのか

ビールの決め手!それは苦味
ビールにとって大切な味。それは苦味。その苦味はホップによって造り出されます

酵母の種類
アルコール発酵を促す酵母は幾つかあります。ワイン酵母、清酒酵母、ウィスキー酵母など・・・

酵母の働き
ビール酵母は、ビール造りにだけ使われているわけではありません

Copyright(c) 黒ビール.com. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com